毎日は平凡なようで特別の連続☆彡ちいさな幸せをスクラップ ちりも積もれば幸せいっぱい

Puriet Style

Lifestyle

現実が夢のようだからいっそ夢の中で生きてもいいのではないか

投稿日:

先日、夢のような出来事がありました。

 

「まじですか?」

 

とビビるくらい信じられないこと。

事後、

「ああ、一瞬にして終わってしまった」

と思うのかと思いきや

「終わってしまった」どころか、

いまだ夢から覚めません。

むしろ、ますます夢の中に

入るばかり・・・。

 

 

 

 

「なぜあんなことが起きた

んだろう・・・」

と夢の幸せ感を

何度も何度も噛みしめる。

 

 

 

まさに

「有り難い」

ことでした。

有りえないのに、有りえてしまって。

 

 

 

 

何度考えてもわからない。

何であんなことが現実に

なってしまったのか。

私、人生の運をあれで

使い果たしてしまったかも(笑)。

でも、それでもいい。

 

 

 

 

私は今も尚、夢の中に

生きています。

夢がずっと続いているかのように。

 

 

 

夢の世界は、想像の世界

それを非現実とも言えるでしょう。

でも、果たしてホントに

夢の世界は非現実の世界でしょうか。

 

 

 

 

こうなったらいいな・・・

とぼんやり思い描いていたことが、

本当に現実になってしまった、

それを考えたら、

「こうなったらいいな」

と描いていた夢の段階は

既に現実の始まりだった

のではないか、って

思うんです。

 

 

 

だとしたら!

もう夢も現実も繋がっているわけだから

いっそ、夢の中で生き続けたって

イイと思いません??

夢か現実か

見極める必要なんてなくて、

夢でも現実でも好きな方、

生きたい世界

居たい世界に

生きればいい。

 

 

 

人は思い描いて強く信じたことは

現実化できる、

と言います。

それって、本当。

 

 

そして、

「夢が叶わなかったらどうしよう。」

と、思う必要もない。

 

 

 

なぜなら、既に、

その夢の中に

生きてしまっているから。

それに、思い描いていることが

現実にならなくたって、

ぜんぜん構いません。

夢の中で十分満足だから。

 

 

 

 

 

だったら、夢は描いたもの勝ち。

幸せは待つものではなく

自分が創り出せる。

幸せを感じられる夢を

描いてそこに生きれば

いいわけだから。

-Lifestyle
-, , , , ,

Copyright© Puriet Style , 2020 All Rights Reserved.