毎日は平凡なようで特別の連続☆彡ちいさな幸せをスクラップ ちりも積もれば幸せいっぱい

Puriet Style

学び

美しさと可愛さの違い

投稿日:

何の脈絡もないのですが

可愛さに厳しさはないけれど

美しさとは厳しさでもある

 

 

これは昨晩、

子供の教育を相談している

S先生との語らいの中、

ヒットした言葉です。

 

 

物理学、数学は理系の域を超え

哲学になる、、、みたいな話の中

どういう脈絡で出て来たか

思い出せないのですが、

先生の口からこの言葉が。

 

 

 

数学、物理などは

自然や宇宙の在り方を

ある切り口から表現したものであり、

それらは実に美しい、

という話から、なぜか

美しさは厳しい、

という展開に。

なぜそこに繋がったのか

思い出せません。

 

 

美しさは厳しさとセット

美しさは厳しさを伴い

厳しさは美しさを伴う

 

そんなメッセージだけが

私に飛び込んで来ました。

 

 

 

 

 

 

例えば、氷河は美しい

でも、鋭く冷たくて寒い

非常に厳しい

 

海も実に美しい。

けれども、命を飲み込むほどの

厳しさがある。

引き締まったボディーは

フォルムが美しい。

そこに怠惰が生み出すぜい肉はない

怠惰とは真逆の節制、自制という

厳しさがあって実現する。

美しいフォルムの背景には

必ず「厳しさ」の存在があります。

 

 

 

 

しかし、可愛さに厳しさはあるか

といえば、厳しさはない。

 

 

人は自然の美しさに

畏怖の念を抱きますが

同時に、自然の厳しさにも

畏怖の念を抱きます。

 

 

 

また人は

厳しい訓練と練習を

積み重ねてきた輝きに

感動します。

オリンピック競技に

人々が釘付けになるのも

厳しさを乗り越えて輝く

美しさに魅了されるからでは

ないでしょうか。

 

 

 

 

S先生とその後、

どういう話に展開して行ったか

最後の結論しか思い出せないほど、

ただその言葉がぐるぐる

頭の中を駆け巡って

語らいの時間は

終わりました💦

 

 

 

タダの石も磨けば輝くのと同じように

ダイヤモンドも磨かなければ

タダの石。

だから、せっかく与えられた

能力は、磨いて鍛錬していこうね、

娘よ。

 

 

 

最後に、私の出身大学の校歌をご紹介して

終わりたいと思います。

 

 

みがかずば玉も鏡も何かせむ

まなびの道もかくこそありけれ

 

意味:

どんな宝石も、掘り出された原石のままではただの石ころ同然。磨かれて初めて、美しく光り輝く価値ある宝石となる。さらに丹念に手入れをし、磨けば磨くほど輝きは増していく。

人間も同じ。きちんとした教育があり、学びつづけることで人間的魅力は増していく。

 

 

 

在学中は、ぼやっとしていて

この校歌の言葉も意味も

スルッと素通りでしたが、

ふり返ってみて、

なんてステキな校歌だったんだろう

と今更感慨深く味わうのであります。

この歌詞は

明治天皇の皇后、昭憲皇后から

大学が出来た時に贈られた歌だそうです。

昭憲皇后は、女子教育の新興や

数々の社会事業に取り組まれ、

多大な功績を残されました。

 

 

 

ありがたや、ありがたや。

-学び
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© Puriet Style , 2019 All Rights Reserved.