毎日は平凡なようで特別の連続☆彡ちいさな幸せをスクラップ ちりも積もれば幸せいっぱい

Puriet Style

暮らし・生活

手作りマスク

投稿日:

品切れ品切れのマスク

会社はマスクがない場合、申告すれば

マスクを支給してくれるという

素晴らしい対応をしてくれております。

 

 

が、「うちは大丈夫です」

と、のたまわった手前、言葉通りにするため

マスクを作ってみました。

 

 

布マスクはウィルスを防御しないというのは

重々承知。しかし、品切れとあれば、気休めでも

周りの方々のために、何かしといた方が良い、

というので、手作りマスクが増えています。

マスクには肌触りを考え、ダブルガーゼが

良いとされていますが、そのダブルガーゼも

品切れ、ゴムも品切れ。

 

 

 

でもね、ガーゼは縫うのが大変。

やわらかいので、買ってきたらまず

水通し。縮み防止のために先に水を通して

縮めておきます。それから干してアイロンかけて

という前段階が必要、しかも生地が柔らかいので

結構縫いにくい。

 

 

 

ダブルガーゼがなきゃ、いっそのこと好きな柄で

縫いやすい生地で作ればいい、ということで

大好きなダマスク柄のオックス生地を

ネット購入。

 

 

 

子供が幼稚園の頃、作ったマスクの型紙が

残っていたので、そのパターンでひとつ、

プリーツマスクの作り方も調べて、ひとつ。

しかし、裏地をつける方法は、ガーゼだから

ちょうどよいわけで、オックス生地に

やわらかい布を裏地にしても、結構

ごっつくなってしまいます。

ということで、裏地なしのプリーツマスク、

ひだの幅、比率は自分の好みにしたかったので

3つ目は自分好みのパターンで作りました。

オックス生地、裁断もしるしつけも、ミシン縫いも

全部やりやすかったです。ガーゼじゃなくて

良かったかも。

DSC_1193

紙で試作してみたひだの感じ↑

DSC_1194

DSC_1195

やぱり自分好みで決めたプリーツ比率が

一番良い★

 

 

ゴムは、手元にあった黒くて細いパンツのゴム

平ゴムなので、結ばず、黒い糸で縫い合わせれば

ゴムの節約になります。

その平ゴムも底をついたので、

髪を結ぶ用のゴムで代用

こういう時、いらなくなったパンツでもあれば

程よく伸びてゴムを抜いて使えるのになあと

思うのでありました。

 

 

 

子供も気に入ったようなので、先に作った3つは

全部娘用にし、そのあと自分用を二つばかり。

パパはまだ要らないというので、失敗も含め

6個作りました。

 

 

 

一旦やりだすと終われない縫物。

やりはじめると、肩が凝りすぎて気持ち悪くなっても

徹夜してやり続けてしまうのですが、

なんとのかセーブして、切り上げました。

 

 

 

抗菌フィルターを挟めるパターンも最初

考えましたが、布一麻衣増やすとそれだけ

ごっつくなってしまうので、裏地なしの

プリーツマスクに、取り換え可能な布を

内側にあてて使う仕様に落ち着く。

ということで、ウキウキ手作りマスク

使うのが楽しみ★

DSC_1192

-暮らし・生活
-, , , , , ,

Copyright© Puriet Style , 2020 All Rights Reserved.