毎日は平凡なようで特別の連続☆彡ちいさな幸せをスクラップ ちりも積もれば幸せいっぱい

Puriet Style

メンタル

早すぎでしょうか 終活について考える今日この頃

更新日:

唐突に思われるでしょうけれども

年末からずっと「終わりの日」

のことを考えます。

 

 

終活、という言葉が定着してきているので

終活、という言葉を使ってみましたが

実務的な準備、

という意味ではありません。

 

 

「終わり方」について

強く意識するようになった

という意味です。

「終わり方」を意識する

ということは、

今の「在り方」の見直しを

する、ということでもあり。

 

 

 

 

 

やはり、生けるものすべて

生まれる日があり

死ぬ日が来ます。

 

 

でも、私の思う死は

あの世への引っ越し、

あの世での誕生、

よく頑張ったね~

と労をねぎらう

お疲れさま会

 

 

この世への誕生は

あの世からの送り出し。

「いってらっしゃい」

「修行頑張って!」

 

 

なので、死は終わりではない、

あの世のお疲れ様会に行くセレモニー。

そしてまた、どこかで生まれ変わって

やってくる、命は循環している

・・・な~んてことを

想っているのですが、

分かっちゃいるけど、

なぜ死ぬのに生まれてくるのかな

なんて、生を受ける意味を

改めて考えちゃったりするわけです。

 

 

 

人だけでも何億もいる地球に

出会わず終わっていく何億の人が

いるのに、

なぜある特定の人たちに

関わることになったんだろうか、

・・・考えても決して

明らかになりはしないことを

気付くと、

ぐぅ~っと考え込んだりしています。

 

 

 

どんなお役目、宿題があって

生まれて来たのか

何を学ぶために、

生まれてきたのか

 

 

これは決して頭から離れることのない

テーマですが、このような状況になると

答えが出ないのを分かりつつも

海の底に探しに行きたく

なるというもの。

 

 

 

死を意識し始めると

周りの景色が違って見えたりして

世界が変わってしまいそうです。

-メンタル
-, , ,

Copyright© Puriet Style , 2019 All Rights Reserved.