毎日は平凡なようで特別の連続☆彡ちいさな幸せをスクラップ ちりも積もれば幸せいっぱい

Puriet Style

学び

静の時

投稿日:

娘の書初めに際し、

まず初めに私自身がお題の

お手本を見て、練習用紙に字を

書いてみます。

 

そして、書いている様子を

娘に見ていてもらいます。

人の様子を見ていると

何となくその空気が移る

というか、伝染して

上手く書けるような気が

するからです。

かくいう私はどんだけ

上手いのか、と言われれば

凄く上手いわけではありませんが

「お手本通りに形を取る」というのが

もともと下手ではないので

何となくポイントは分かっている

ように思います。

 

 

 

まず自分が書いてみて、

どこがポイントか掴んでから

子供に書いてる様子を見させ

それから本人に書かせます。

そして、どこそこの角度が

ついてるとかつけないとか

どこそこが開き過ぎとか

狭まりすぎとか

どこで力を抜くとか抜かないとか

コメントをするんですね。

 

 

 

 

 

文字にこんなに集中する時間

というのは、私にとって

一年に一度、

書初めの時だけなのですが、

実は私にとっても大事な時間。

一筆一筆に集中すると

なぜか心が澄み渡るような

感じがして。

 

 

 

 

子育てが終わったら

フラメンコをやりたいと思っていましたが

(待てずにやってしまいましたが)

更にその先、おばあちゃんになったら、

茶道や書道をやりたいと思っています。

でも、書道に関しては

子供の書初めに関わると

いつからでも始めたい

と思ってしまいます。

習う、というよりは

日常の中で書に向き合ってみたい。

ひたすらひたすら書く時間。

 

 

 

 

硯をする時間、

書く準備をする時間

練習の瞬間

筆を洗い後片付けをする瞬間

 

 

 

どの作業も、不思議と

心が静寂を取り戻します。

 

 

 

 

ちょうど、お葉書を出す必要が

あったのですが、

普段であれば、億劫で億劫で

後回しにしてしまうところ、

今回は字を書いた流れで

すぐに書いてみたくなり

字を書いてみました。

 

 

自分でもちょっとびっくり。

気持ちが整っていると

すぐ書くことに入れる!!

そして、その時書いた字の

整っていること!

(いつもこんなに丁寧に

書けたらステキだな・・・)

 

 

 

 

 

今は手紙も葉書も

何でもパソコンで

出来てしまいますが、

やっぱり心を落ち着けて

字を書くという作業は、

自分にとって必要です。

 

 

 

 

普段は忙しさにかまけて

手書きの文字は雑になりますが

心静寂の中、書く字は格別。

やはり私は形を造る、

~踊りも、着付けも、書も~

ということがこの上なく

好きです。

-学び
-, , , , , , ,

Copyright© Puriet Style , 2019 All Rights Reserved.