毎日は平凡なようで特別の連続☆彡ちいさな幸せをスクラップ ちりも積もれば幸せいっぱい

Puriet Style

学び

算数と人生

投稿日:

娘の算数、毎日少しずつではありますが

継続して取り組めていて、

私の精神状態は上々です(笑)。

 

 

受験算数を見てて思います。

こんな機会でもなければ、

算数にこれほど取り組むことは

なかっただろうなと。

もしかしたら、人生で一番

算数に向き合える機会かも

しれないとも。

志望校に合格したら、

ここまで算数をやらずに

上まで行けてしまいそうなので

更にそう思います。

 

 

 

いままだ始まった

ばかりで、この先はまだ長いのですが

本人も「メンドクサイ」「オックウ」

の先にあるものが「楽しい」「嬉しい」

であることを、少しずつ体感している

のが素晴らしいです。

 

 

 

受験算数に取り組む前は、

娘の「面倒くさい」「嫌い」

という反応を、

そのまま本人の「趣向」

と捉え、

好きなもの、得意なことだけを

伸ばせばいいかなと、

算数を放置していました。

というか、私が諦めていました。

なぜなら、教えようとするたびに

喧嘩になっていたから。

本人、苦手意識があるため、

教えようとする前から、表情が

ブッサイク、というかぶすっと

なるんですね。しかも「分かる?」

聞いても、YesもNoも言わずに

ぶすっ。で、気の短い私は

「何なの、その態度!!」

となり、The End。

 

 

 

でも、最近、

そこで終わってたら

自分の願いが叶わないと

分かって来たので、

嫌々ながらも

ブッサイクな顔をしながらも

取組むわけです(エライよ、あんた)。

 

 

 

で、それを続けていくと

「楽しくなって来た~!」

となるんです。

でも、調子に乗って来たと思いきや

また、「面倒くさい」と波は乱高下

します。とはいえそんな中で、少しでも

「楽しくなって来た!」という

「快」の体験が増えています。

「快」の体験回数が増えると、

逃げたくなる衝動から、

「やってみよう」という

状態にシフトがしやすくなります。

このシフトチェンジ体験は、

多ければ多いほど良い。

 

 

 

なぜなら、特に算数の場合

「絶対解けるようになっている」

から。

絶対に解ける!という前提で

問題に向かうのと、

解けないかも、という前提で

問題に向かうのでは、

まるで結果が変わります。

願わくば

「絶対に解ける!」という

前提態度を身に付けて欲しい。

 

 

 

思考が現実化する

ということを体験して欲しいからです。

 

 

出来ない、と思ったら出来ない、

出来る、と思ったら、出来る

という単純な法則を。

 

 

そして、つくづく思うのは、

算数って、人生に役立つ!

ということ。

絶対に解ける条件しか、問題に

表現されていないので、

分からなくなった時、

「自分の見方が違うのかもしれない」

と視点を変える訓練になります。

人生も絶対に良くなるようにしか

プログラムされていないので、

自分が苦しかったり、詰まっていたら

目の前の現象の捉え方を変えてみたら

いいのかも!

とシフトチェンジすればいい。

このプロセスは、算数と全く同じ。

 

 

自分が絶対あってる!

と思ったら、抜けられない境地も

もしかして他に方法があるかも!

と思えば、思わぬ道が開ける。

 

 

 

そんなこんなで、この短期間、

毎日ほんの少ししかできないことも

ありますが、1問でも2問でも、

5分でも10分でも算数をやれて

来ていることは、相当本人の

自信になっていると思います。

事実前なら解けなかった問題が

楽に解けるようになってきていますから。

トレーニングって、凄いですね!

そして、めちゃくちゃ嬉しい!

 

 

 

といっても、受験を志す子供たちの

標準に達しているかいないかくらいの

レベルですが、

でもでも、

過去の自分より

進歩しているのは確実です。

 

 

 

ということで、娘の態度ひとつで

決まる私のご機嫌。

今現在、気分は上々でございます(笑)。

気分の乱高下を想定しつつ

今日も頑張ります!!

-学び
-, ,

Copyright© Puriet Style , 2019 All Rights Reserved.