毎日は平凡なようで特別の連続☆彡ちいさな幸せをスクラップ ちりも積もれば幸せいっぱい

Puriet Style

芥川智子

芥川智子 (Satoko Akutagawa)

 

夫一人、子供一人と私の

3人住まい。

 

お茶の水女子大学 家政学部食物学科卒

中学・高等学校教諭1種免許(家庭科)

社団法人 全日本きもの振興会正会員

さがのきもの学院 師範認定証取得

 

 

出身地:千葉県

両親が関西なので、自分の故郷は

千葉だという認識は殆どなく、

関西系だと思い込んでいる。

 

神奈川県在住

 

フラメンコをこよなく愛している。

 

 

小学校の時、足を運んだ病院の

女医さんを見て、お医者さんに憧れる。

健康への関心もあり、

中学時代は医学部に行きたいと思ったが

高校で唯一の楽しみであった家庭科の時間に、

健康のベースは治療ではなく未病、

=健康「管理」=「食」であると

思うようになり、食物学科を志望。

 

第一希望の食物学科に入るも

大学には魅力的な学科が数多く

入学後転部、転科欲求に苦しむ。

家政学部児童学科、家庭経営学科

被服科服飾美学科、などなど・・・

中でも一番の憧れは教育学部舞踊学科。

踊りの基礎もないのに、舞踊学科への

転科は大胆過ぎると思い、

ぐっと踏みとどまり食物学科を修了。

 

 

当時、4大卒女子の就職は

総合職と一般職に分かれ、

理系もどきの学科を出ながら

お茶汲み・コピー含む事務職がやりたく

文系就職で一般職目指すも、

企業側は総合職採用を望むため、

文系就職は諦め

専攻した学部に話が来ていた

食品メーカーに応募、就職。

 

 

食の在り方に、独自の考えがあり、

企業の方向性との違いを割り切る力なく

寿退職の名目にて1年で退社。

以降、以前よりやりたかった

事務職はじめ販売、接客、もろもろの

職種を経験。

 

 

★フラメンコについて★

大学を卒業し、社会人になった初年度

中学から憧れてやまなかった

フラメンコを習い始める。

中学生の時、憧れの国語の先生が

学芸会でフラメンコを踊られ、

以来フラメンコが頭から離れず。

高校受験、大学受験のため

フラメンコを習うこと叶わず

大学も舞踊学科を羨ましがりながら

専攻した食物学科を卒業したので

フラメンコを見てから7年間

憧れのまま保留。

社会人になってからようやく

フラメンコのことを

習ったりできる?と突如思いついた。

 

当時住んでいた近所のカルチャーセンターで

フラメンコ講座を見つけ、始める。

7年目にしてようやく願いが叶う。

 

 

 

着物は、本人の趣味と関係なく

一時的に関わることになってしまった

日舞がきっかけで着るようになる。

以降、"きれいに着たい"欲に駆られ、

着付け教室の門をくぐり

師範免許を取得。

着付けを習うきっかけになった日舞はといえば

7年ほど習うも、やはり性に合わなかった、、、

 

一方辞めざるを得ない事情で

やめてもやめても

気づいたら習っているフラメンコは

今尚お付き合い中。

 

 

 

 

生きていくうえで必要な

パフォーマンス(仕事)には

健康は欠かせないと思う一方、

踊りなどの表現においても

体の在り方(=健康)は

最重要課題であるため

ブログ記事は食べ物ネタ、

健康・ダイエットネタも多い

 

 

 

 

★好きな言葉★

足るを知る

 

当ブログのコンセプトについては

Puriet Styleへようこそ」を

ご覧ください。

更新日:

Copyright© Puriet Style , 2021 All Rights Reserved.