毎日は平凡なようで特別の連続☆彡ちいさな幸せをスクラップ ちりも積もれば幸せいっぱい

Puriet Style

Lifestyle

想いを形にする意味

投稿日:

ひと月あまり、ブログを書いていませんでした。

間があくことは、時々あるのですが、

今回は(も!)、もうブログは閉鎖し、

発信の類はやめようかなと考えていたのです。

そういう波は定期的にやってくるので、

今回が初めてではありませんが。

 

 

私が「もう書くのをやめようかな」と

思う時、以下のような考えに陥っています。

 

✔ 私のブログは何の役に立つのだろうか

✔ 人はそれぞれ自分の中に答えがあるのに

人の文章を読む必要性があるのだろうか

✔ とはいえ、誰かの発言が何かのきっかけに

なることがあるので、自分のブログも

なんらかのきっかけになる可能性もあるかもしれない

「けど」別に、私と同じようなことを言ってる人は

沢山いるし、何も私が時間をかけて「書く」必要性は

ないのかもしれない。

✔ 思いが突拍子もなく、複雑すぎて、

表現したところで、誰にも理解できない

 

しかし、ここに一つの盲点があったことに

気づきました。

 

 

その盲点に気づくきっかけになったのは

ある方の言葉です。

 

書くと自分の考えがまとまり、

成長する事ができる

 

別に成長したいという欲求があるわけではない。

しかし・・・

 

 

他者視点がメインになっている!?

 

 

他者視点というと聞こえはいいですが

結局、人がどう思うか、を気にしている。

人にどう思われてもいい、と思う一方で

どう思われるかも気にしている。

 

 

 

実際、ブログの中で

「自分のために書いてます」

みたいな表現をしながら、

自分のためだけに書けばいい

そうは本当に思っていなかった。

 

 

 

まずは自分のために書けばいい

 

 

 

と聞こえたメッセージから

自由と解放を感じました。

 

 

 

「自分の考えがまとまる」

 

 

と一体どんな良いことがあるのか。

別にまとめたいとは思わないけど、

なぜか嬉しかった。

なぜ、嬉しいんだろう・・・

 

 

長くなるので、別の記事にします。

嬉しかった理由を簡単に言うと

「まるでただの石から形ある美しい

彫刻を掘り出す作業」だから。

-Lifestyle
-, ,

Copyright© Puriet Style , 2021 All Rights Reserved.