毎日は平凡なようで特別の連続☆彡ちいさな幸せをスクラップ ちりも積もれば幸せいっぱい

Puriet Style

和・着物

マスクで思う『着物 VS 洋服』

投稿日:

マスクを試作しています。

娘、夫がつけている布マスクを見た

ご近所さんが、「欲しい~」と言ってくださったので

まずは1枚作って差し上げました。

たいそう喜んで下さり、その場ですぐつけて

くださいました。

 

 

しかし。。。

差し上げたのは立体マスク。

この立体マスク、人によって骨格も顔の大きさも

違うので、余ったように見える部分が気になり

今まで疑いもなく作っていた立体パターンですが

他にパターンはないかしらとネットで探すと

あるわあるわ・・・

皆微妙に違うんですね。

 

 

 

それから型紙をいじっては試作、を繰り返し

いっきに試作品が増えてしまいました。

 

 

 

プリーツ型のマスクは割と早めにパターンが

決まったのに、

立体マスクとなると、ほんと、顔形によって

おさまり方が違うんです。

 

 

プリーツ型はプリーツの分布量が必要ですが、

全部直線縫い、

立体型は布量が少なく感じますが、曲線部分が

あるために、無駄になる布もあり、なんといっても

曲線縫いが必要です。

 

 

これって、着物VS洋服とまるで同じだなと

思いました。

着物は、すべて直線、多めの布量が必要ですが、

無駄がなく、ある程度サイズが違っても

着付け次第で着られます。

が、洋服はその逆

着物より布量は少ないですが、無駄な端切れは出るし

人の体形によって、フィット感は全然違います。

 

 

どちらがいい悪いではありませんが、

マスク製作で着物と洋服の対比がリアルに

感じられたのが、なんだかおもしろいと思いました。

(でも、マスク プリーツ型の布量、

多そうでいて実は少なく、エコかも!)

 

 

プリーツ方のマスクはある程度の顔の大きさの

違いを網羅できます。

しかし立体方マスクは、ちょっとした骨格の違い

縦横の比率、カーブによってフィット感が

違ってくる。

 

 

直線美と曲線美

面白い~~~★

-和・着物
-, , , , ,

Copyright© Puriet Style , 2020 All Rights Reserved.