毎日は平凡なようで特別の連続☆彡ちいさな幸せをスクラップ ちりも積もれば幸せいっぱい

Puriet Style

Lifestyle

負けた大塚家具

投稿日:

先日、食器棚を探しに大塚家具に行きました。

気になった食器棚がありました。

綾野製作所の食器棚。

すごくいいんだけど、お値段が・・・

 

 

ということで、他に身の丈に合った

食器棚はないものか、数日掛けて

探しました。

 

 

いろいろ見ても、

「やっぱりAYANOの

あのシリーズが忘れられない・・・」

 

 

 

インテリアコーディネーターさんも

仰っていたことなのですが、

最初に良いと思ったものは大抵

変わらないとのこと。

 

 

ところで、私たち夫婦は

知り合う前からそれぞれに

引っ越し族。

大学生になってから結婚までに

私は11回、結婚してから今回が4回目

計14回目の引っ越しになります(!)

今、自分でもびっくりしました。

 

 

 

引っ越しても引っ越しても常に

つきまとう「今は仮住まい」という感覚。

だから家具選ぶの基準は「お手軽である」こと。

 

 

ですが、今回は今までとちょっと流れが

違うような気がしておりまして、

食器棚だけは本当に気に入ったものを

買いたい!と思ったのです。

そこは今までと違うところ。

 

 

 

ベッドも妥協できる、ドレッサーも

なくていい、でも、なぜか食器棚だけは

これを最後の買い物にしたい。

 

 

 

でも、やはりお高い。

ということで、他のお店で

安く売られていないのか、探しました。

ありました。少々遠かったのですが、

仕事帰りに蒲田まで走りました。

 

 

 

大塚家具さんは、日曜日に行って

見積もりが出てきたのが金曜日、

今回行った蒲田の家具屋さんは、

目の前で見積もりを

出してくれました。

そして、数万円安い!!

 

 

 

大塚家具さんには、他のシリーズでも

見積をお願いしかけていたので、

その手前、他で決める可能性があることも

お伝えする方が良いかと次の内容を

メールしました。

 

✔ 違う家具屋に相みつを取ってもらうこと

✔ そちらが安ければそちらで買う可能性が

あるということ

 

 

わざわざ言う必要もないのかも

しれませんが、

「うちも頑張ります!」

と言ってくれるかなあなんて

少しばかりの期待もありまして。

 

 

 

しかし、数日経過してもお返事なし。

なければないで、蒲田の家具屋さんに

そのままお願いするだけ。

すると、後日

「公休を取っていてメールを拝見するのが

遅くなってしまいました」

とありました。

 

 

 

せっかくお返事を頂いたので、

蒲田の家具屋さんが出してきた

見積額をお知らせしました。

(あんたんとこ、ここまで

頑張れない??)と言いたくて。

 

 

 

そしてまた、返事なし。

 

 

 

ということで、ちょっと遠い

蒲田の家具屋さんでの購入決定。

 

 

すると、そのまた後日、

大塚家具さんからメールがありました。

またもや、公休を取っていて、

私のメール確認が今になったと。

 

 

 

2月-3月、家具屋にとってはある意味

かきいれ時ともいえるのでしょうか。

分かりませんが、そんな時期に優雅に

公休??

 

 

ご不幸があったのかもしれません、

何らか事情があったのかもしれません。

分かりませんが、私はこれって

チャンスだったのではないかな

って思ったんですね。

大塚家具さんにとっては、

もっとお金を出してくれるお客様しか

必要ないのかもしれませんが、

小さなお客さんを大切に出来るかどうかって

結構、いや実はそっちの方が

大事だったりするんじゃないかなって

私は考えます。

小さいもの、小さい存在に対して

人は本音が出るものだから。

 

 

 

それにしても

反応の速さ、対応の速さは重要だなと

今回改めて考えさせられました。

 

今回のスピードは、決して速すぎる

スピードではなかったはず。

 

 

私が大塚家具さんだったら、

初回の見積もりに

4-5日もかけないかな。

社のシステムがあって、それくらい

掛かってしまうのかもしれませんが、

それにしても、在り方というのは

最初から出ているものです。

気付くのおそ!

 

 

 

今回はどう考えても、

大塚家具さんの負けです。

まあ私にとっては、ご縁がなかった

つまり、もう一つの家具屋さんとの

ご縁が必要だった、ともいえるのですが

 

 

私は、人を待たせる時間の長さって

待たせる側の思いやりが

如実に現れる領域だと思います。

 

 

 

相手がどんな気持ちで待っているか

相手はこの情報をどう使いたいのか

つまり相手の必要はなにか、

 

 

 

そんなことを想像したら、

「待たせる時間を短くするには」

どうしたらいいかを考えるものでは

ないでしょうか。

 

 

 

お家騒動で大変だった大塚家具さん。

だからこそ、頑張ってほしかったし

私も新宿の大塚家具さんの方が

アクセスが良くて便利なので、

お付き合いをしたかったのですが、

この度は誠に残念でございました。

 

 

 

ここまでは、販売側のお話し。

主役は「モノ」自身である食器棚。

食器棚のAYANOさん、

これから一生お世話になるつもりで

あなたを求めました。

まだ納品まで、大分先だけど、

まだ見ぬあなたに

「どうぞよろしく!」

 

 

キッチンとは、私たち家族を

元気にする場所、

食を生み出す大切な場所。

その一角をあなたに担ってもらいます。

大いに期待しています♥

-Lifestyle
-, , , ,

Copyright© Puriet Style , 2019 All Rights Reserved.