毎日は平凡なようで特別の連続☆彡ちいさな幸せをスクラップ ちりも積もれば幸せいっぱい

Puriet Style

健康・ダイエット

体重が落ちやすい空腹の快感

投稿日:

この1-2週間、空腹の快感を味わおうと

食事と食事の間をあけるようにしたら

体重がスルスルっと落ちました。

 

 

体重が増え気味で、なかなかキープしたい

体重に戻らず、苦戦すること数か月。

更年期だから仕方ない!?

と思っていましたが、いやいや

更年期だけのせいではありません。

もともとおデブな趣向なので、

長年慣れ親しんだおデブ趣向に

戻ろうとする性質のなせるわざなのです。

そう、おデブは知らないうちに「食べている」

という癖があるんですね。

で、いろいろ試しておりました。

 

1)朝:昼:夕=3:2:1

2)朝:昼:夕=1:3:1

3)朝:昼:夕=0:4:1

 

その結果、それぞれの時間の食事のボリューム

うんぬんより、自分の体に大事なことを

見つけました。それは

 

★ お腹いっぱいにしない

★ 空腹感を覚えるまで口に入れない

 

そのためには、食事比率パターン1)の

朝:昼:夕=3:2:1

にすると、失敗します。

朝、多く食べてしまうと

空腹感を忘れてしまうから。

胃袋が大きくなってしまうのか

空腹でないことがスタンダードに

なりやすい。

今のところ、調子がいいのは

2)か3)です。夜は限りなく0に近い量にすると

翌朝すっきり。

 

 

 

空腹感の心地よさを得るためには

朝が少ないほうが有効。

私にはですよ。

 

 

空腹感になじんでくると、

今度は満腹の不快感がわかるようになります。

満腹の不快感がわかるには、どうしても

その比較になる「空腹感」を感じておかないと

満腹の不快感に気づかなくなるんです。

満腹の不快感に鈍感になる。

そうなると、いろいろ食べたくなってしまう

という悪循環に舞い戻るわけですね。

 

 

 

何度も話題にしている私の大好きな

西川貴教様、この人は一日一食の人のようですが

西川君は「食べると呼吸が浅くなる気がする」

と言ってます。

空腹の快感がわかってくると、この感覚が

さえてきます。この感覚とはまさに

「満腹だと呼吸が浅くなる」感覚

「空腹の方が呼吸が深くなる」感覚

 

 

実際、呼吸が左右されるのかはわかりません。

ただ、そのように「感じる」んですね。

 

 

呼吸が深くなると、充実感を覚えるし。

 

 

というわけで、この「空腹である状態」を

スタンダードにしたい。

デフォルト!!

 

 

そうして、私も次第に一日一食に行けるかな・・・

そしてさらに、呼吸だけで生きるブレザリアンに

なれたら凄い・・・

ブレザリアンは極めると排泄もなくなるらしいです。

 

 

そしたら!!トイレットペーパーがなくても

関係ない!!!

スーパーから米が消えようが、納豆が消えようが

関係ない!!!

 

 

世の中、物資の取り合い、奪い合いで

争いが生じるわけですが、取り合う以前に

必要がなくなれば、物資がなくなること

に対して、

心配や不安は遠ざかる。

 

 

最高すぎ。

 

 

まあ、ブレザリアンまで行かなくても

米がなくなりゃ、野菜を食べればいい。

野菜がなくなれば、別のもの、

皆が買わずに売れ残ったものを食べればいい、

なんにもなくなりゃ、空気を吸えばいい

空気吸って生きられなくなれば、

肉体を脱ぎ捨てる時。

ほんと、有限な資源、有限な食べ物から

自由になりたいものです。

 

 

ああまた、今のご時世の話になってしまいました。

話題はそんなことではなく、

 

 

体重も落ちて(ため込まなくなる状態)最高な

「空腹の快感」をスタンダードにしていきたい

 

 

でした。

おしまい★

-健康・ダイエット
-, , , , ,

Copyright© Puriet Style , 2020 All Rights Reserved.