毎日は平凡なようで特別の連続☆彡ちいさな幸せをスクラップ ちりも積もれば幸せいっぱい

Puriet Style

健康・ダイエット

この時期は体重が落ちないらしい

投稿日:

気圧が下がるこの時期、

つまり低気圧に見舞われるこの時期、

体重が減らない~

体重が増えてる~

という人に朗報です。

 

 

「この時期は体重が落ちにくい!!」

 

 

ものだそうですよ。

私がお世話になったダイエットカウンセラーの

もみい里香さんが、毎年この時期になると

メルマガにも書いてくださるのですが

最近読んでいなかったメルマガを

友達はよく読んでいて、教えてくれました。

⇒ 低気圧に負けないダイエット

 

 

もみい里香さんの記事は

ひじょーにためになります。

お・ス・ス・メ♥

 

 

で、友達曰く

「この時期、体重落ちないじゃん?」

 

 

え??なんですって?

確かに「ナンデ??」

っていうくらい体重が落ちない

というか増えているので

何が悪いんだ!

と思っていたものですから、

「この時期、体重が増えるじゃん」

って、「え?まじ?やっぱり?」

と私にとっては朗報でした。

 

 

 

自分を責めなくていいから(笑)。

 

 

 

 

メカニズムとしては

低気圧になる

=外からの圧力が減るので、

身体が膨張する

 

 

これを凄く分かりやすい例で

説明されています。

「飛行機に持ち込んだ

ポテトチップスの袋が

上空(低気圧の状態)で

ぱんぱんになった状態」

 

 

外圧が下がるから

内圧がバランスとして上がる

というのでしょうか。

 

 

身体が膨張するので

血管やリンパ管の圧力も低下し

体内循環が悪くなり「むくみ」を

誘発する。

しかも、湿気が多いと、皮膚からの

水分発散も起こりにくいため、

身体は水分を溜め込む一方。

そこにきて、不安定な気候により

自律神経も乱れやすく、代謝が

スムーズに行われにくいため

どうしても体重が落ちにくい状況

がこの時期、

 

・・・という説明です。

非常に分かりやすいですよね。

 

 

 

事実、

「体重は増えても

体脂肪率が低い」

という現象にあらわれます。

体脂肪率とは、水分に対する

抵抗を数値にしたもので、

水分が多いほど抵抗値が低く出ます。

つまり体内の水分が多くなるほど

体脂肪率は低く出るんですね。

なので、体重が増えて

体脂肪率が低く出る場合は、

「ああ、水分で体重が増えただけだな」

と分かるわけです。

 

 

 

 

というわけで、

「梅雨前~梅雨の時期は

体重が増える」

でした。

 

 

 

なーんてことは

知ってたはずの知識で、

去年も同じことを悩み、

同じことを納得して

安心したわけですが、

でも、知れば安心。

一喜一憂も焦ることもなくなります。

 

 

 

知識って大事ですね。

変な思い込みや

間違った推測から身を守って

くれますから。

 

 

 

でも、問題はこの時期をどう

過ごすか。

それについてはまた改めて。

(改めて、と言っときながら

ぜんぜん改めて書いてないことが

多いですけど💦)

-健康・ダイエット
-, , , , , ,

Copyright© Puriet Style , 2019 All Rights Reserved.