毎日は平凡なようで特別の連続☆彡ちいさな幸せをスクラップ ちりも積もれば幸せいっぱい

Puriet Style

健康・ダイエット

血糖値にこだわる理由

投稿日:

先日、甘くないおやつを作ってみた

というお話をしましたが、

実は甘くないだけではなく、

血糖値があがりにくいおやつを

作ってみた、

という方が正しいかもしれません。

 

 

 

 

甘味を入れていないことだけが

血糖値をあげにくくするのではなく

使っている素材が、

血糖値を上げにくいもの

らしいんですね。

パンケーキと言えば、

大抵 小麦粉を使いますが、

ご紹介したレシピは

「そば粉」を主原料としています。

小麦粉よりは、そば粉の方が

血糖値を上げにくい食材です。

 

 

 

さて、今回は

「何故血糖値に

着目し始めたか」という

本題なわけですが、

理由は、

「体重増加の原因を探ったから」

 

 

 

 

私のブログを読んで下さっている方は

きっと思われることでしょう。

「なんか、いつも体重が増えたとか

言ってない?」って。

やっぱり、食べることが好きな人種は

気を抜くとすぐ体重が増えるんです。

 

 

 

食べることをすぐに忘れる、

とか

食べることは二の次

みたいな人種の方は、

すぐ体重が減ってしまう、

というお悩みをお持ちだそうですが

それ、体験したことのない境地です(笑)

羨ましい限り・・・

 

 

 

 

話を元に戻します(。

ダイエットコーチを付けて

12kg減、そこから3年キープは

していますが、気を抜くと

簡単に太れます。

学んで習得した「太らない食習慣」

ですが、それ以前まで

長年かけて培った食べ方の習慣

趣向、舌の好み、つまり味覚は

なかなか根強いため、

これらを変えてキープするのは

なかなか努力が必要です。

気を抜くとすぐ太る食べ方に

なってしまうんですね。

そして、その「すぐ太る食べ方」

というのを分析してみると

その1つには、

「血糖費を上げやすい食べ方」

が染みついているということも

分かりました。

しかし、これって私だけじゃないのでは

とも思ったんですね。

今の世の中を見渡していて。

なぜなら、お腹がすいたら

簡単に食べ物が手に入る

世の中になったからです。

世の中、とっても便利になった

かわりに、とっても太りやすく

もなっているのでは、って

思います。

 

お腹が空いて簡単に手に入るもの

と言えば、コンビのお菓子、

おむすび、パン、甘みの

入った飲み物。

 

これらはほぼほぼ血糖値を

急上昇させるものばかり。

そうでないものを探す方が

難しい。

何も考えず、自然に生きていたら

日本国民全員

糖尿病になってしまうんじゃないか?

って思うほど。

それほど、巷に溢れている

コンビニエントな食べ物や、

外食は危険がいっぱい、、、

と私は感じます。

自分が子供の頃の食生活と

今の食生活、

たった数十年ではありますが

大変な様変わりをしていますから。

 

 

 

 

 

 

血糖値を制するものは

ダイエットを制する

 

 

 

ダイエットの成功は

いかに血糖値の乱高下を防ぐか

それに尽きる、

という人も言うくらい、

血糖値をなるべく一定に保つこと、

血糖値を乱高下をさせないことが

ポイントだといわれています。

 

 

 

 

 

血糖値があがると

「下げろ~」という命令が出され

血糖値が下がると

「上げろ~」という命令が出ます。

血糖値が下がると空腹感じ、

空腹感を感じるから、食べることで

血糖値が上昇。

その上がり下がりが急であることを

血糖値の乱高下、と言いますが

血糖値があがった時、

「下げろ~」という命令出ると

下げるためにインシュリンが分泌される。

インシュリンが分泌されると、

血糖値を下げる過程で、

血中の糖分を脂肪に変える、

ということが起きます。

それだけならいいのですが、

その脂肪は、

からだに貯め込むように働く

身体に脂肪を溜め込む=「太る」!!

 

 

 

 

血糖値の上昇が緩やかであれば、

インシュリンは過剰に分泌されることは

ありませんが、

空腹状態からいきなり

お菓子やご飯、パンなど糖質主体の食べ物を

たくさん食べてしまうと、

血糖値は一気に上昇し、

インシュリンが過剰に出ちゃう。

これで、糖分を脂肪として蓄積する作業が

体内で加速されてしまう。

 

 

 

これだけでも困るのに

さらに怖いこと・・・

それは、急上昇した血糖値を

今度は急降下させる

「血糖値のジェットコースター的急変化」

つまり、

血糖値の乱高下は、

食欲を増長させる、

ここが怖いところです。

 

 

 

実はこれ、私だけの話ではなく

学校から帰ってきた

子供のお菓子の食べっぷりも

ヒントになりました。

パパが最近体重増加傾向であることも

ヒントでした。

これについては長くなるので改めて。

 

 

 

 

食べても食べても

尽きない食欲。

お腹は本当は空いていないはずなのに

空いたような感覚になり、

必要以上に食べ過ぎてしまう。

このサイクルに入ってしまうと

抜けるのが大変です。

 

 

 

 

 

そもそも食事を作るのが

面倒くさいといい加減に

なり始めた背景には

食生活の乱れがあります。

乱れるからどうでも良くなり

どうでも良いから、

簡単に手に入るものを

手っ取り早く手に入れて

食べる。

そうなるともう、どんどん

いい加減さは加速する一方。

 

 

 

 

 

そんな負のスパイラルを

断ち切るために、

エリカさまの本を

引っ張り出したんですね。

 

 

 

 

 

そしてやっぱりやっぱり、

血糖値の乱高下を防ぐ

食生活を送り出すと、

食生活の乱れは改善され

他の事に対しても

やる気が出てきます。

 

 

 

 

やっぱり、

食生活を整えるって大事。

私の場合は特に★

 

 

 

感情さえ、食べるものに

影響を受けるので。

食に関心のない人が

羨ましくもあります。

ですが、自分の趣向を

受け入れないことには

何も始まりません。

私の場合、今回の人生

どうやら

ちゃんと「食」と向き合うる

必要があるようです。

-健康・ダイエット
-, , ,

Copyright© Puriet Style , 2019 All Rights Reserved.