毎日は平凡なようで特別の連続☆彡ちいさな幸せをスクラップ ちりも積もれば幸せいっぱい

Puriet Style

健康・ダイエット

からだのサインを見逃さない

更新日:

必要な情報って

その時その時、不思議と集まってくるもの。

もっとも、自分がアンテナを立てているので

それに見合った情報が

引っかかってくるだけなのですが。

 

 

 

 

何か一つのことが気になりだすと

それに関わる情報が集まってきます。

それは集まって来たというより、

もともとそこに在った、

そこに自分がアクセスするようになったので

あたかも集まってくるかのように

感じるのだと私は思います。

 

 

 

 

 

そう考えると、ますます人は

思考で世界を創りだせると

言われていることの真実味が

増すというものです。

 

 

 

 

 

って、本題はそれそのものではなく

私が今気になっていることについて。

 

 

 

 

それは、からだのサインに敏感に

ならなきゃな、ということ。

そう思うということは、私自身が

からだのサインをおもむろに

無視しているなあと反省した

からです。

 

 

 

 

 

からだはずっとサインを出している、

そしてそのサインは、私をよりよい

方向にもっていくためのもの。

なのに私は無視していました。

わかっちゃいるけど、つい、

みたいな感じです。

 

 

 

 

からだのサインとは

先日の記事にも書きましたが

やはり、ある食べ物を食べると

お腹が瞬間的にごろごろするんですね。

それが今明確に特定できては

いないのですが、ざっくり分かっているのは

やはり「炭水化物」なんです。

 

 

 

 

 

お菓子とか甘いものとか

ではなく、パンとかご飯とか。

特にパン。コンビニのパンは

てきめんです。

 

じゃあ、どんなパンも同じ反応か

というと、そういうわけでは

ないんですよね・・・

 

 

 

 

 

今日もお昼、お弁当は炭水化物なしで

いきました。

しかし、やっぱりちょっと物足りないなあ

とコンビニで(!良くないのをわかっていながら

コンビニしかないので)パンを購入。

 

 

 

 

 

食べる前はお腹は静かだったのに

食べだした瞬間、お腹がごろごろ。

まだ腸まで行ってないやん!!

って思うのですが、こういう反応の時って

食べて飲み込んだらすぐに反応するんです。

 

 

 

 

メカニズムは分かりませんが、

とにかくこれは私の身体のサイン。

「それ、食べないで!」って。

 

 

 

 

 

 

分かりました。

と、夜は炭水化物なし。

ワインを少々飲んだので

糖質抜き、ではないんです。

炭水化物を抜きました。

 

 

 

お腹の調子、まずまずです。

 

 

 

 

明日はダメ押しでお弁当に

胚芽米を入れて持っていきます。

これで反応するようなら

次は白米。

それも反応するなら、もう本当に

パンとご飯がダメということ。

そういえば、以前はパスタをはじめとする

小麦製品がダメでした。

小麦製品をやめたら、お腹の

ごろごろは見ごろにストップ。

でも、しばらくすると、

小麦製品も反応しなくなったので

調子に乗ってパンなど普通に

食べるようになってしまったら

こんな事態になりました。

とはいえ、今回はパンだけではなく

ご飯も!!

からだは刻一刻と変化しますので

反応も以前と違うこともあるある。

いずれにしても、これもまた

遅発性アレルギーの一種と

思います。

 

 

 

 

それはそれとして、

炭水化物が食べられないなんて

淋し~~~~!

と思います。しかし、

今のからだは「ちょっとまったー!」

と言っているだけですし、

食べられない、のではなく

食べない方が、からだが楽になる!

わけなので、実はとっても

前向きなこと。

 

 

 

炭水化物が食べられない=淋しい

 

 

 

というマインドセットが

欠乏感とかがまん感を生み出している

だけ。

炭水化物を食べなくていい⇒自由、解放!

という考え方もあるわけで。

そう思えばいいわけで。

 

 

 

 

もう何回も、何度も

サインを出してくれているのに

今日は大丈夫じゃない?と

根拠のない希望的観測によって

無視を繰り返してしまいました。

 

 

 

アナフィラキシーショックまで

行かずとも、湿疹が出るとか

吐き気を催すとか、顕著な症状が

出ればわかりやすい。

ゆるいサインだから、

ついスルーしてしまって。

 

 

 

 

でも、ゆるいサインを

見逃さないようにしなくてはですね。

 

からだのサインは

私を助けてくれるものだから。

-健康・ダイエット
-, , , , ,

Copyright© Puriet Style , 2019 All Rights Reserved.