毎日は平凡なようで特別の連続☆彡ちいさな幸せをスクラップ ちりも積もれば幸せいっぱい

Puriet Style

暮らし・生活

カーテンがやってきた♥

投稿日:

カーテンがやってきました♥

カーテンレールもなにもないところへの

引っ越しは今回初めて。

 

 

 

過去、十数回の引っ越しでは

カーテンレールは既にあるところ

ばかりでした。

なので、サイズが合わないカーテンでも

取りあえず、ひっかけることは出来ていた、、、

 

 

 

カーテンがない状態は

寒々しくもあり、淋しくもあり

でも、ある意味新鮮でもあり、

でも、やっぱり違和感満載。

 

カーテンがない日は今数えたら

7日間でしたが、えらく長く感じました。

 

 

 

カーテンレールから取り付ける場合、

✔ カーテンのタイプ

✔ テイスト

✔ 色味

✔ 壁紙との兼ね合い

などなど、一辺に考えないとならないので

頭の中が大変でした。

 

 

それを分かって、

インテリア・コーディネーターさんが

ショールームに連れて行って下さいました。

 

 

最初にサンゲツショールーム(品川)。

ひろ~くて見ごたえ満載。

初回で全てを決めるには種類がありすぎて

決められないことは、コーディネーターさんも

分かっていて、取りあえず

「見ておく」

「触れておく」

ことでイメージを作る下準備をさせて下さいました。

そこではとにかくカタログを見まくり、

そのお陰で、自分がどういうものを好むのかが

分かりました。

 

 

 

その後、新居からのアクセスを考慮された

新たなカーテンやさん、松装さんをご紹介いただき

新横浜へ。

サンゲツさんでの下準備があったので

松装さんでは、バンバン、サクサク決まりました。

 

 

 

ちなみに私の好みは、

ダマスク柄であることが判明(笑)

知らなかった・・・・

 

 

 

それにしても

カーテンの模様をデザインする人って

凄いなあと思います。

あれだけカーテンがあるのに、

気に入るのはほんの一部。

でも、自分が全く好みでないものを

他の人が選ぶ。

カーテンは実に好みがバラバラだそうで

幅広いデザインを生み出せるって

凄くないですか?

勿論一人の人がデザインしている

わけではないとして、だとすれば

それだけデザインする人がいるってこと?

 

 

 

 

まあまあ、話は反れましたが、

今回はずっと憧れだったボックスカーテンを

リビングに取り付けました。

見栄えも好きですが、ほこりがレールの上に

溜まらない(溜まりにくい)のが何よりもの魅力。

カーテンレールに溜まるより

ボックスの上に溜まるほこりの方が

取りやすそうだし。

 

 

そして自分の部屋は、シェードとカーテンの

組み合わせ。

高窓は今回初めてなので、

高窓にあう形ってどんなん???

からスタート。

 

最初は、レースのシングルシェードで

決めて来たのですが、

自分の部屋が母の部屋になる

可能性が出て来たので、

保温効果を考え、レースだけでは

寒かろうと、2重に変更。

そんなわけで、2回新横浜に

足を運ぶことになったのでした。

 

 

 

参りました(笑)。

 

 

 

丁度その頃、実家の千葉にも

足を運んでいたので、

横浜、千葉と行ったり来たり、

長距離移動は慣れていないので、

とってもとっても疲れました。

 

 

 

でもまあ、カーテンがついて見ると

疲れただけのことはあったと

疲れも吹っ飛び、感動☆彡

 

 

 

カーテン取り付けの職人さんが

ひとつカーテンを取り付けるたびに

娘と「わ~~ステキ~~!!」

を連呼。

 

 

 

 

家や空間というのは、毎日目にする

ものなので、洋服より家にお金をかける

 

 

というのは、フランスのことを

良く知るコーディネーターさんの

お言葉。

 

 

 

 

その代わり、凄く慎重に、

時間をかけてひとつひとつ選び抜き

インテリアを作って行く。

何百円の買い物をするのに

日本人はすぐお金を出すけれど

あちらの人は、すごくケチ、いえ

慎重なのでなかなかお金を出さない

とも仰っていましたね。

 

 

 

 

ピンとこないなら、しばらく

ないままで過ごす。

ピンとくるものに、出会うまで

待つ。

取り急ぎ安いものを買って

間に合わせることは極力避けたい!

 

 

 

もう、なるべくゴミは出したくない。

 

 

 

そんなわけで、長くなりましたが

カーテンがついて感動した、という

お話しでした。

もうひとつ言うと、カーテンがついて

「あったかい」♥

やっぱりカーテンひとつ(レースと2重)で

室内温度ってこんなに違うんですね。

 

 

 

 

そして、

今日はインテリア・コーディネーターさんが

いらっしゃる日。

ないもない箱だった家に

照明がつき、カーテンが付いた

生活の場としての家をみて

どんな感想を伺えるか楽しみ

 

 

 

そして、写真には取れない

まだまだカオスなスペースを

どうしていくか、相談します。

-暮らし・生活
-, , , ,

Copyright© Puriet Style , 2019 All Rights Reserved.