Puriet Style

毎日は平凡なようで特別の連続☆彡ちいさな幸せをスクラップ ちりも積もれば幸せいっぱい

姿勢を正すのは難しく変なところが凝る、姿勢を正すとは軸づくりだった!?

time 2016/12/27

姿勢を正すのは難しく変なところが凝る、姿勢を正すとは軸づくりだった!?

姿勢が悪い、猫背だと言われ数十年。

背が高いのがコンプレックスで

つい背中を丸めてしまう

とか

胸が大きいとか小さいとかが

コンプレックスで

隠すように背中を丸めてしまう

とか

身体のコンプレックスで

背中を丸めがちに

なることもあるでしょう。

今はスマホやゲーム、PCをする

時間が長くなったため

猫背や姿勢の崩れが気になる人も

多いのではないでしょうか。

 

背中がまるまると、

身体の構造に影響が出るばかりでなく

内臓の働きも悪くなります。

 

そんなことを分かっていながら

私自身『姿勢を正す』ということを

意識するも

なかなか上手くいきませんでした。

 

今回は姿勢を気を付けたぞ~

と思っても、整体師さんには

「腰が硬まってますね」

(え~頑張ったのに、ガックシ!)

自分で気を付けても変な所に

力が入って、その部分の筋肉が

凝ってしまうのです。

 

反り腰にならないように、

骨盤立てて~とか言われても

一時的に意識はしても、

その姿勢が心地よいというよりは

辛くて、正しい姿勢とやらは

どうも身につきません。

 

しかし、姿勢を正すより、手っ取り早い

方法が見つかりました。

というか、まだ習得したわけではありません、

「これかも!」と思えるものを見つけました。

 

それは、身体の軸を意識すること、

歩く時、重心が身体の中央に集まっている

イメージをすること、

中心から釣り上げられているように

意識すること。

 

 

これは、いろんな場で言われたり

聞いたりしてきたことですが、

今回は私の趣味である

フラメンコのレッスン中に

「あ!!これかも!!」

と体感したのでした。

リズムを正確に刻む足さばきは

私の一番苦手とするもの。

それは、重心が外側にあったからです。

強く踏もうとすると、重心が沈みがちになり

音が強いところと、弱いところ、

滑るところなどばらつきが目立ち

リズムが全然一定しないのです。

 

しかし、この度

重心や軸を正すことをイメージする方が

姿勢を正すことを意識するよりも

はるかに姿勢を正しやすい

ことがわかりました。

軸 重心 踊り 姿勢

とにかく、腹筋を意識して

中心をぶれなくすること、

これが正しくできていれば、腹筋が痛く

なるそうです。

でも、意識するところはそこだけ。

後は力を入れなくていい。

いわゆる「丹田」を意識する

ということと同じなのだと思います。

 

2時間弱のレッスンで体感した軸のこと。

これを意識したまま、帰りの電車に乗り込んだのですが

なんと!立っているのが心地よく感じられるんです!

立ってるとすぐ座りたくなる衝動が

少し減る!?みたいな。

 

重心や軸が正しくなれば、

自然に姿勢が整うんですね。

だから、あちこち「ここかな、あそこかな」

と試行錯誤して、筋肉に変な負荷をかけなくなる

だから、心地よく感じたのかもしれません。

姿勢が正されれば、余分な肉の付き方も

しなくなるでしょうし、ボディメイク的にも

いいことづくめ!

そんな嬉しい予感がし始めています。

 

軸をつかみ始めたことで、

踊りの足さばきも

前よりはかなり上手くいってる感があります。

そして、何より身体の巡りが良くなっている

感じがするのです。

 

身体の軸さえぶれなくなれば

足さばきも安定し、

回転してもふらつかない。

 

軸って大事だな~と思いました。

軸の探し方は、人それぞれ方法があると

思います。

私の場合は、先生の教え方が

とてもしっくり来てわかりました。

 

力の入れどころと、抜きどころがわかると

身体はとても心地いい。

 

スマホやゲームで前かがみになりがちでしたら

身体はカチコチになります。

運動なり、ストレッチなり、ヨガなり

身体が心地いいことをして、

是非いたわってあげてください。

軸の発見はかなりおススメです。

 

Puriet Style

心身浄化ダイエット~ココロ★カラダ★キレイ

コメント

コメントを残す

Lifestyle

健康・ダイエット

Profile

SATOKO

着付け教室・着付け処 月想庵(gesouan)主催。  http://gesouan.wixsite.com/kimono-gesouan お茶の水女子大学 家政学部食物学科卒  中学・高等学校家庭科教員免許   フラメンコをこよなく愛する家庭人。大学には魅力的な学科が数多く入学後転科欲求に苦しむ。特に舞踊学科への転科に憧れるも、ぐっと踏ん張り食物学科を修了。社会人になった年にフラメンコを習う。 着物は、本人の趣味と関係なく一時的に関わった日舞をきっかけに着るようになる。以降、きれいに着たい欲に駆られ、師範免許を取得。  着物の静なる直線美、フラメンコの動なる曲線美に魅了され続けている。美の表現手段は体の在り方(=健康)と考えているため、食べ物ネタ、健康・ダイエットネタもブログに多い。いろいろこだわりがあるように見えるが、実はそれほどでもない。 [詳細]

チャーガ カバノアナタケ 効果 抗酸化力 抗ガン 酵素 成分 チャーガ茶 エキス 口コミ 抗ガン メラニン ベツリン酸 ミネラル ポリフェノール トリテルペン SOD酵素 βグルカン フラボノイド 不溶性食物繊維 チャーガパウダー フラボノイド 良質低糖質 Q337

サイトをリニューアルしました