毎日は平凡なようで特別の連続☆彡ちいさな幸せをスクラップ ちりも積もれば幸せいっぱい

Puriet Style

Lifestyle フラメンコ

生きるか死ぬか、生死の境界線で閃くいのちの輝き

投稿日:

彡 毎日は平凡なようで特別の連続 彡☆

     ちいさな幸せをスクラップ

     チリも積もれば幸せいっぱい

☆彡 Puriet Style  彡☆

「トップのやくざやさんて

ひじょーに魅力的。

なぜだかわかる?

生きるか死ぬかぎりぎりの

ところで生きているからだよ」

 

 

ある人からそんな話を聞きました。

人の上に立つ人、

多くの人を従えてトップに立っている人

特にその領域の人たちは

絶大な”力”だけでなく

人間的魅力が半端ないってことか

・・・

 

 

実際、そういう人たちと接点が

ないので、想像は出来ても

ちょっとぼんやり。

でも、「生きるか死ぬかぎりぎりの

ところで生きている」

という言葉、それなら少し

分かるような。

 

 

確かに命を燃やして

生きている姿に、

人は感動し心魅かれます。

オリンピック競技を見てしまうのも

マラソンを見てしまうのも

スポーツに食い入るのも

それは、勝ち負けを見ている

つもりでも、実は違うものを

感じていて、それが「目が離せない」

病みつき状態を生み出している

可能性だってあるのではないでしょうか。

 

 

「いのちを燃やしている」

と認識はしていなくても

燃えているものを感じ取るというか。

 

 

例えば「花」。

例えば「アイドル」

例えば「好きな○○」

 

 

例えがベタかもしれませんが

花ははかない。

アイドルも「アイドル」としての

寿命は短い。

でも、ノリにノッている絶頂期は

はかなくても人の心を惹きつけてやまない

花のように輝いています。

人気、旬の勢い、時代の求めにフィットした

瞬間の化学反応、、、確かにぎりぎりの

ところで命を燃やしている。

いのち閃く人から溢れ来る

パワーやエネルギーに

人は鈍感ではありません。

 

 

 

そういえば私もそう。

フラメンコに魅かれるのも

そこで花火のように炸裂する

エネルギーを感じるから。

 

 

 

「今最高であれば

明日のことはどうでもいい

とにかく今を楽しみ

今を生きる人たち」

 

スペインを知っている人から

聞いたことのあるスペイン人像です。

 

そういうソウルが今も脈々と

流れているフラメンコ。

「今」を燃やし

「今」を閃かせて生きたいものです。

 

 

☆彡 Puriet Style  彡☆

-Lifestyle, フラメンコ
-, , , , ,

Copyright© Puriet Style , 2019 All Rights Reserved.