毎日は平凡なようで特別の連続☆彡ちいさな幸せをスクラップ ちりも積もれば幸せいっぱい

Puriet Style

フラメンコ

不思議なつながりといっぱいの幸せ

更新日:

先日、以前通っていたフラメンコ教室の

発表会を観に行きました。

 

 

客席からステージを見るように

ステージから、ステージは見えません。

ステージから客席を見渡すように

客席から、客席も見えません。

 

 

 

去年まで「自分たち」だった発表会を

今回はじめて客席から見ました。

通っていない今はもう

「自分たち」ではなくなっていますが。

でも観る前から、妙に

そわそわどきどき落ち着かない。

まだ「自分たち」の名残があるみたい。

 

 

客席から見たことは、踊りそのもののようで

踊りでないものを見ているのかもしれません。

目に映るのは確かに「踊っている姿」なのですが

瞬間に感じ取っているのは

その人自身であったり

その人から醸し出されるものだったり

なにか「印象」のようなもの。

見えるようで見えないもの

見えないようでいて感覚でキャッチしているもの。

 

 

私はステージからたくさんの

幸せをもらいました。

踊っている本人たちは、多分必死だったでしょうけれど。

「間違えちゃった」

「ボロボロだった」

日本人ならではの、自己評価。

 

 

 

なのに、受け手は「幸せ」をもらってる。

不思議です。

多分、本人たちが意識していないものを

受け取ったんだと思います。

 

 

これまでの努力だったり、想いだったり

意識するとしないにかかわらず。

 

 

 

教室を引っ張る先生、それに呼応する

生徒たち、舞台を作るミュージシャンや

スタッフさんの何かが相まって共鳴し

ひとつのものが創り上げられる。

実に面白い世界。

 

 

 

それにもましてその日一番感じたこと。

それは、短い2年間のお付き合いだったのに

湧いてくるとても愛おしい気持ち。

この感覚ってなんなんでしょう?

 

 

 

毎回レッスンの後にお茶をしたとか

交流頻度が頻繁だったわけでもないのに

なぜかそこにある繋がり。

不思議で不思議。

かけがえのないフラメンコメイツ。

 

 

沢山の幸せをありがとう。

また来年、観に行くよ!!💛

 

 

 

誘ってくれた友に心から感謝★

話に夢中で写真撮り忘れた仲間たち

ごめんなさい。

一緒にいると、満足しちゃって

写真を撮ることが却って面倒になってしまう。

だからその日は一緒に見に行った友達に、

前もって「写真を撮ろう」ってリマインドしてね

って言ってあったのでした。

それでもやっぱり撮り忘れる。

これでも、撮れたほう。

気づいたころには、みんなお着替えで

ロビーからいなくなっていたのでした(笑)。

一緒に観に行ったはるかちゃん★と

踊った鵜木ちゃん。その背後にいるのは誰?(笑)

 

衣里先生と★

-フラメンコ
-, , , , , ,

Copyright© Puriet Style , 2019 All Rights Reserved.