毎日は平凡なようで特別の連続☆彡ちいさな幸せをスクラップ ちりも積もれば幸せいっぱい

Puriet Style

健康・ダイエット

本当に痩せたいのか、痩せたい以上に食べたいのか

投稿日:

本当に痩せたいのか

痩せたい以上に食べたいのか

 

 

 

 

人は、本当に願っていることしか

行動できないと思います。

痩せたい痩せたい、と言っていて

食べちゃう人の深い部分では

「食べたい」思いが勝っています。

 

 

 

なんだかんだいって。

 

 

 

痩せたいのも、勿論本心。

でも、それ以上に「食べたい」

気持ちの方がパワフル。

 

 

 

 

食べたい>痩せたい

食べたい<痩せたい

この二つの思い、

両方をリアルに体験した

この夏だからこそ、

改めて「本当に願っていること」

が行動になることをリアルに

感じました。

 

 

 

 

 

1~2キロのはなしではありますが、

この夏は、プラス続きでありました。

でも、いろいろな要因が重なって

「まずい!!」と本気で思いました。

すると、結果的に1~2キロ、減るんです。

プラスになっている時は、勿論

食べたい>痩せたい

 

 

 

食べたいが断然優勢。

 

 

 

しかし、食べたい<痩せたい

になるだけで、結果は面白いように

変わります。

 

 

 

世界は人の思考で作られる

人はその人が願った通りの人間になる

 

 

 

まさに、思考が結果を生み出す

ということは本当なのだなと

改めて痛感しました。

 

 

 

 

そして、ある友人の話を

思い出したんですね。

その人は、

 

 

自分が痩せてるイメージしか

ないので、太らないの

 

 

と言っていました。

さらっと言ってましたが、

これ、相当重要な真理を語っちゃっています。

痩せてるイメージしかないので

これ以上食べたら太る!

と思った瞬間、急に食べたくなくなる

そうなんですね。

 

 

 

 

この感覚が、今回分かりました。

体重がマイナスになっている時って

まさにこの状態になってることに

気付いたのです。

 

 

 

 

ダイエット成功した、

という話をすると、

「よく耐えられたね」

と言われるのですが、

「耐えた」という感覚がゼロ

なんですよね。

むしろ、「耐えている」時は

結果が真逆、プラスになるばかり。

 

 

 

耐えている、というのは

「食べたい欲求」を抑えている

という意味なんでしょうね。

これを抑えると、反動で

さらに食べ、さらに太ります。

「食べたい欲求」は抑えたのではなく

それ以上に「痩せたい」思いが

上回るよう状態になっただけなんです。

 

 

 

 

ここで大事なのが

「何故痩せたいのか」

動機ですね。

動機こそ本心。

 

 

 

 

本心を探ること

本当は自分は何を願っているのか

これにフォーカスすることで

結果が変わります。

本当に願っていることが

痩せることに結びついていたなら

本当に願っていることを

見つめ続け、考え続けていたら

自然とそちらに自分が向かいます。

 

 

 

人は見ている方向に進むから

 

 

何故痩せたいか、以上に

どうなりたいか、

どうありたいか、

が重要。

いつも考えてはいますが

今回改めて

「どうありたいか」

「どうなりたいか」

を深めざるを得ない

状況になり、見つめ直しました。

そこにちゃんとフォーカスできたので

結果、体重マイナスになりました。

たった1~2キロではありますが。

でも1~2キロに自分の

精神状態がすべてそのまま

現れるので、私にとっての

1~2キロはとても大事な

指標なんです。

 

 

 

 

 

私は私の美容の先生のブログを

よく読んでいるのですが、

自分が本当に願っていることを

知る方法について書かれていたので

ご紹介します。

自分の本音を知る方法

-健康・ダイエット
-, , , , , ,

Copyright© Puriet Style , 2019 All Rights Reserved.