毎日は平凡なようで特別の連続☆彡ちいさな幸せをスクラップ ちりも積もれば幸せいっぱい

Puriet Style

健康・ダイエット

膝の痛み 原因は●●だった

投稿日:

ここ1か月ほど、膝の激痛に

悩まされてきました。

過去にも同じようなことがありましたが

その時は、原因が分からず通り過ぎましたが

今回は、それにもましての激痛。

 

 

前回は10年以上前のことなので、

変形性膝関節症(!)の可能性も疑わず

過ごしてしまいましたが、

今回は年齢も年齢なので、リウマチとか

変形性膝関節症の可能性も疑いました。

が、自分の中では、別の原因がありそうだと

直観的に思っていたので、整形外科ではなく

整体・接骨院系をあちらこちら

試しました。

 

 

自分で考えられる原因は

✔ 美脚スリッパ~内重心になるタイプ~をゲットしてはいていた

✔ マンションから2階建ての戸建になり、

圧倒的に増えた階段の上り下りが

膝に負担となった

✔ 膝に負担をかけやすい歩き方、

体の使い方をしている

✔ フラメンコを休んでいて、筋肉が落ち

膝関節への負担が増えた

 

 

こんなところでした。

そもそもどんな時に膝が痛くなるかというと

しゃがむ時。しゃがむまでのある一定の

角度帯に痛みが出るのです。

 

 

そして、遂にダメもとで言った整体で

「これかも!」と思えることを言って貰いました。

 

✔ 膝が内側に入りやすいため

膝に負担がかかっている。

✔ 階段を上る時、歩く時、あらゆる時、

本来なら腸腰筋を使うべきところを

腸腰筋が殆ど使われてなくて、

膝の力でやっている

 

 

 

整体の先生が私の踏み込み方、

しゃがみ方、いろいろな様子を見て

そんなふうに仰いました。

以前から自転車こぎにしろ何にしろ

全部膝でやってる自覚があったので、

「それはあるかも!」と思いました。

 

 

更に、私の場合、お尻の筋肉が

つかない歩き方、力の入れ方を

しているので、お尻に筋肉がつかない

謎も解けました。

 

 

なので、いろんな場面でお尻を閉める

立ち方や、使い方を少しばかり教えて

頂き、意識して心がけたところ

膝の痛みが激減。

 

 

勿論施術をして頂いたというのも

ありますが、その後の心がけは

結構効果があったと言えるでしょうか。

 

 

1)階段を上る時、足をあげますが

膝からあげるのではなく

足の付け根からあげるイメージ

 

2)立っている時はかかと同士をつけ

足の先を開き、膝の裏同士がくっつく

イメージ、するとお尻が締まる

 

 

その2点を教えて頂いたので

やってみています。

膝の痛みは確かに減っているように

思います。

私の周りにも、言わないだけで

何気に膝の痛みを我慢されている方が

いらっしゃいました。

 

 

私は整体に通うのが生活の一部なので

メンテナンスに行かないことのほうが

考えられません。

何故行かずに過ごせているんだろうと

メンテナンスに行かない人が羨ましくもあり

不思議でありました。

でも、皆さん我慢されてるだけって人も

多かったんですね。

 

 

 

我々現代人は圧倒的に筋肉が少なく

筋力が落ちていると思います。

加えてパソコン、スマホの使用により

首肩腰は相当負担が来ている。

メンテナンスなしで、まともに

過ごせるほうが稀なのではないでしょうか。

 

 

 

話は変わりますが、母は165cmあった身長が

154cmと11cm以上縮みました。

背骨の圧迫骨折によるものです。

運動しない、日に当たらない、

体を動かさない、歩かない、

なので、筋力がありません。

背骨が潰れている(圧迫骨折)原因は

そういった生活習慣が大いに

影響していることでしょう。

 

 

 

しかし、早い段階で不具合に気づき

ケアすれば、何もしないよりは

長持ちするはずです。

なんでもそう、手を加え

手を入れないと、ものは長く

使えません。

 

 

体も同様、膝の痛みも身体からのサイン。

ガマンしたりスルーしたりしないで

原因を追究し、出来る限りのメンテナンスを

しましょうね、という最後の結論。

いきなり来てしまいました。

 

 

膝の痛みを抱えている人が多い

という話を耳にして、

書いてみました。

あなたの膝痛の原因はなんでしょう。

同じ膝の痛みと言っても、

原因は人それぞれ。

是非、痛み(体のサイン)に

向き合って対応してあげてください。

騙し騙しではなく、直視で。

-健康・ダイエット
-, , , , , , , ,

Copyright© Puriet Style , 2019 All Rights Reserved.