毎日は平凡なようで特別の連続☆彡ちいさな幸せをスクラップ ちりも積もれば幸せいっぱい

Puriet Style

メンタル

一人になると健康になる

更新日:

最近、「淋しいな」と

感じる出来事がありました。

たいしたことのない

とってもとっても

ちっちゃなこと。

今までだって同じようなことは

普通にありました。

なのに、その時はなぜか妙に

淋しく感じてしまった。

 

 

 

どんな状況だったかと申しますと・・・

とある場所を出るのに、

自分が最後になりました。

建物から外に出た時、数人が私の

数メートル先を歩いていました。

 

 

 

誰も待っててくれなかったな、、、

私の存在は気にされたなかったかな、、、

そう感じました。

 

 

自分の感じ方というのは、

その時々の自分の内面を鏡のように

映し出すものです。

なんとも感じないこともあるのに

おかしい、なんでそんな風に感じるの?

と自分に問いました。

わかりませんでした。

 

 

しかし、後になって

わかったことがありました。

「これを知るためだったのか!」と。

 

 

 

 

それは、

「あの時、一人になったのは良いことだった!」

ということです。

「一人にしてもらえたんだな」と。

 

 

 

一人になって淋しいと感じた後日のこと。

今度は一人にならず、数人で帰途に

つきました。

(ああ、今回は一人にならず良かった)

と思いながら、おしゃべりして駅まで

歩いておりますと、

(ん・・・その発言、聞きたくなかったな)

と思う話がでまして。

ほんの数分の間なのに後を引く残念感。

そんな会話、一般的には普通にある話

ですご、私には苦手な話。

それでやっと悟ったんです。

(ああ、あの時一人になったのは、

こういう気持ちにならないためだったのかも)と。

実は、一人にされることで、

私の心が守られたもしれない。

 

 

だとすれば、一人になるということを

淋しい、と捉えて気落ちするなんて

実に勿体ないことだと思えました。

自分の心が健やかに保たれるために

なくてはならない時間、

そんな風にも捉えてもいい。

 

 

 

 

「一人は淋しい」という

マインドセットから自由になれたし。

それに「一人になる」とは

ある意味、「自立」にも繋がります。

人に期待しないという自立。

 

 

 

ということで、一人は淋しくない、

むしろ

一人は心が健康になる!

はからずも一人になってしまう

メリットについてのお話でした。

 

 

 

人は一人では生きていけない

協調性は必要、集団行動は

出来たほうがいい

いろんな人とうまくやっていくすべを

身につけなくちゃ

 

 

 

そんな教育を私たちは受けてきました。

しかし、それはもう古い生き方。

今の若者は、そんなことはもう必要ない

ということを本能的にわかっています。

これについてはまたいつか。

 

 

だから無理して人に合わせなくていい

人に合わせる努力はいらなくなります。

これからは努力の時代じゃなくなるから。

いかに楽に生きるか、

自然のままで楽しく楽に生きていける

そんな時代になるそうです。

価値観がすべて真逆になっていく時代。

今は価値観大変動の移行期、

地球レベルで大転換が起きていますが

これもまた次の時代に移行するために

通るべき道のようです。

楽しみですね。

-メンタル
-, , , , , ,

Copyright© Puriet Style , 2020 All Rights Reserved.