毎日は平凡なようで特別の連続☆彡ちいさな幸せをスクラップ ちりも積もれば幸せいっぱい

Puriet Style

メンタル

人に訊かない

投稿日:

人はみんな自分の中に答えを持っている

 

 

これに気づいた時、私はカウンセラーにはならない

ことを決めました。

占いも、結局自分が言ってほしいことしか信じない、

と言われていますが、それこそ

「自分の中に答えがある」証拠だと思います。

ただ、それを確信したいもの。

「人から言われたら、確信できる」

「目に見えない領域がわかる人から言われたら

信じられる」

なんとなくそう思うから、人に助言を求めたり

占いを信じたくなるのではないでしょうか。

 

 

でも、突き詰めると、人から言われても

結局は自分が決めたとおりに動く。

人に訊こうが、迷おうが、回り道しようが

近道だろうが、紆余曲折あったとしても

自分が決めている。最終的に。

なので、人の意見を聞いてみる、占い師、スピリチャルな

人に訊いてみる、というのは実はきっかけ。

カウンセラーもきっかけにはなるけど、

きっかけのためにお金を頂くって、

私は頂く気にはなれないかなと思いました。

うちに来て一緒にご飯を食べながら、

何気ない会話の中で、その人は何かを

気づくかもしれないし、そういう場合って

別にお金は発生しない。

ならば、そういう自然な方法で

人が導かれることを願ってれば

それで良くない?って思うのです。

つまり、わざわざお金を頂いて職業に

することでもないのかなと。

 

 

 

これは、カウンセラーとしてお金を頂くのが

悪いという意味では決してありません。

お金を頂く頂き方には、多分人が理解できない

こだわりが私の中にあって、

人はそれを「お金に対してブロックがある」

というのですが、それも多分違います。

私固有の価値観なので、人にはわからないし

理解を求める類のものでもないのですが

「お金のブロックがある」という単語しか

今のところ見つからないので人はそう表現する

しかないのでしょう。

いずれにしても、人はみんな、自分の中に

答えを持っている。

それに気づかせるためのメッセージは

もう今は世の中に溢れかえっています。

 

 

本当の自分に戻る、

本当の自分を知る、

本当の自分の声を聞く

ありのままの自分を受け入れる

 

 

言葉を変えていろんな方法でメッセージが

降ってきています。

世の中全体がそういう方向に向かっているし

必要なメッセージがいろんな形で存在するので

もう、人は頼らなくてよい時代になっていってる

んだなあと思います。

 

 

今までの時代は、リーダーなるもの、導きを

与えてくれる存在、メンターとか師匠とか

そういう存在が必要とされ、特別視されていましたが

これからは徐々に必要なくなることでしょう。

皆が皆、自分自身を導く自立した存在になっていくから。

 

 

それと真逆の生き方は、

自分の中に答えがあるのに、

いつまでも人に依存して、

人の時間とエネルギーを奪い続ける生き方。

どんな生き方を選ぶも自由ですが、後者の

生き方は、どんどん生きづらくなっていく

既に生きづらいから依存してしまうのだと

思いますが、今まで以上に生きづらく

なっていくかもしれません。

 

 

 

迷ったら、どうするか。

迷ったら、「人に尋ねない」★

コミュニケーションレベルで

「どう思う?」なんて会話はよくあると

思いますが、ここでいう「人に訊かない」は

そういうコミュニケーションもしない

という意味ではなく、

ガチなアドバイスを求めるような

動機で人の答えを期待しない、という意味です。

人に訊かず、自分に訊く。

自分の奥底にある声を聴こうとする。

時間がかかっても必ずわかるはず。

 

 

その答えは、いろんな方法でわかると

思います。

電車の中で誰かが会話している言葉で

あったり、目に飛び込んでくる広告の

言葉だったり、ビジュアルだったり、

歩いてるときに突然閃いたり、

トイレの便座に腰を下ろしている時

ふと思いついたり。

 

 

 

答えは人の数だけあるのだし。

-メンタル
-, , , , , ,

Copyright© Puriet Style , 2020 All Rights Reserved.