毎日は平凡なようで特別の連続☆彡ちいさな幸せをスクラップ ちりも積もれば幸せいっぱい

Puriet Style

メンタル

人も花のようであれるはず

投稿日:

私は自分自身を受け入れているだろうか

あなたはどうですか?

 

私が愛読(愛用)している

ある日めくりカレンダーに

こんな言葉があります。

 

自分自身が、自分の最良の

お友だちでありましょう。

人と心地よい関係をつくるためにも

自分自身をいつくしみ、

ひとりの時間を楽しめること。

 

 

「自分自身が、

自分の最良のお友だち」

って、どういうことなんでしょう。

 

 

この言葉を地で行っているものを

ひとつ、いえふたつ思い出します。

ひとつは「お花」

 

 

花は花自身であることに

満足していて

満たされていて

そこに在って

ただ咲いている

ひたすら咲いている

 

 

咲き方の好みはいろいろ

あると思うのですが、

私は素朴にひっそり

咲いてる花に魅かれます。

「私を見て見て!」

という花ではなく、

源氏物語に出て来る女人でいうと

桐壺や夕顔のような。

 

 

「あたし、なんでこの花なのよ

あっちの花になりたかったわ」

とか言ってない花。

目立とうともせず

ただそこに喜び咲いている

 

 

「なんで、私は動物みたいに

動けないわけ?」

とも言わない。

 

ただ、喜び咲いている

 

 

人が花に心を寄せ、

花に吸い寄せられていくのは

そんな花の在り方に

魅かれるからでしょうか

 

 

花は花であることに満足し、

思いっきり満足し

喜び溢れてそこにイル

そしてそれを見る人は癒される

 

 

本当は私たちも

そういう存在であるはず

生まれた時がそうだったように。

自分自身が自分に

満たされていたあの頃、

人から無条件で愛されていた

 

 

☆彡 Puriet Style  彡☆

-メンタル
-, ,

Copyright© Puriet Style , 2021 All Rights Reserved.