毎日は平凡なようで特別の連続☆彡ちいさな幸せをスクラップ ちりも積もれば幸せいっぱい

Puriet Style

健康・ダイエット

腹八分目で医者いらず 腹六分目で老いを忘れ 腹四分目で○○○

更新日:

腹八分目で医者いらず

腹六分目で老いを忘れ

腹四分目で仏(神)に近づく

 

 

これは、超少食のススメ、一日一食

の推奨者、船瀬俊介さんの著書に

何度も出て来る言葉です。

 

 

詳しいことはさておきまして

今朝は、少々食べ過ぎたので

この言葉を思い出しました。

 

 

ある境界線を越えると

「あ、食べ過ぎてるな」というのが

わかります。

食べ過ぎると、じっとしてしまって

動きたくなくなります。

身体は消化にエネルギーを

注ぎ始めるため、

頭が働かなくなるんですね(笑)。

 

 

すると、「あそこで辞めとけば良かった」

となります。

一方、ダイエット知らずのスリムな人は

あともう一口、というところで

ぴたっとお箸を置きます。

その潔い箸の止め方は

いつもびっくり&尊敬です。

その研ぎ澄まされた感覚に

感動すら覚えます。

まるで野生の動物のようだから。

 

 

 

ところで、話は変わりますが

何においても一流と言われる人たちが

共通して言うことがあります。

 

 

もし自分が向上したいのなら

自分のキャパを常に超え続けること

出来る範囲のことしかしないのなら

それ以上に上に行くことはない

 

 

そうなんだろうな、

って思います。

 

 

しかし!!!

 

 

ひとつだけキャパを超えない方が

いいと思うことがあります。

それが、

「自分の食べる量」

 

 

自分の身体が負担にならず

代謝できる「量」を超えて

食べない。

 

 

それが良いことは身体が知っています。

ちょうどよい量に留められた時

体はとても気持ちがいいから。

病気の元のひとつは

”体毒”、この体毒は食べ過ぎによって

溜まるといわれています。

”毒”で汚染された体は、生命力を失い

その結果、肥満、老化、肌荒れなどを起こし

やがては様々な病気になっていく・・・。

からだの代謝能力を超えた量を食べれば

老廃物が排出されず、”体毒”として溜まる。

 

インプットが多すぎると

アウトプット(排出(に支障が出ます。

 

物が多すぎる部屋と同じです。

物が多すぎると片づけが大変

物で床や棚が埋まりまくっているので

掃除が行き届かないし、

掃除に時間がかかります。

物が増える速度が速く

掃除が追い付かないと

物がたまり過ぎ、

ほこりや汚れがたまり過ぎます。

まさに、食べ過ぎで排出が追い付かない体とは

そんな部屋と同じ状況ではないでしょうか。

 

 

 

さて、今朝は少々食べ過ぎて

胃が重たいから、こんな記事を

書きました。

消化に時間がかかることでしょう。

でも、消化が終わるまで次の

食べ物は入れないことが大事。

 

 

消化が一段落したら

頭が冴えてくる

だから、じっとしてないで

動くんだよ、私。

ちなみに本日の朝食

(備忘録として)

✔ バナナ1本

✔ サラダ

✔ 鮭1/2切、

✔ とろろそば

※長芋ではなく大和芋にしてみたら

重かった。量も多かったのかも)

✔ お菓子(量がミソ)

 

ちなみに、朝からカレーとか

カツ、とか平気です。

だから困る(笑)・・・

 

☆彡 Puriet Style  彡☆

-健康・ダイエット
-, , , , , , ,

Copyright© Puriet Style , 2019 All Rights Reserved.