毎日は平凡なようで特別の連続☆彡ちいさな幸せをスクラップ ちりも積もれば幸せいっぱい

Puriet Style

暮らし・生活

ごきぶり退治の模様

投稿日:

ここのところ、連日

キッチンにて、素早いアイツを

目撃していた。

追いかけようにも、早すぎて

逃すばかり。

 

 

 

そんなある日、

朝起きたらガスコンロに

アイツ(ゴキブリ)が・・・

うぬぬぬ・・・

 

 

 

 

いい所にいるじゃないの!

タイミングよく準備していた

土鍋をすかさず五徳(ごとく)に置き

速攻点火!!!

 

 

 

 

ごきぶりの逃げ道をふさいだぜぃ。

 

 

 

 

 

「カサカサカサッ!」

 

 

 

 

 

逃げ道を探しまくるアヤツ。

逃げられるものなら逃げてみよ。

素早いお前なら逃げられるのか

熱さに包囲され、逃げられぬのか

 

 

 

 

 

逃げ惑う

カサカサ音は・・・

 

 

 

 

 

 

ほどなく消えた。

 

 

 

 

 

上手く脱出したのか

そのまま息絶えたのか

すぐに確かめる勇気は

なかった。

 

 

 

 

撮り逃した時の

悔しさに耐えられるか

わからなかったから。

 

 

 

でも、確かめるしか方法はない。

 

 

 

土鍋のご飯が炊きあがり、

蒸らし時間を待ち、

土鍋をコンロから降ろした。

 

 

するとそこには

仰向けになった

アヤツがおりました。

 

 

 

 

 

「逃げられなかったか・・・」

 

 

 

 

 

 

手を汚さず、不動になったアヤツを

ゴミ袋に移し、一仕事完了。

逃げられたらどうしようと

内心バクバクしていましたが

包囲成功に深い安堵を

覚えるのでした。

 

 

 

 

叩いて退治も出来るけど

つぶさずに済むなら

そうしたい。

今回は非常によい方法となった。

アヤツにとっては最悪かも

しれないけど。

 

 

 

 

あちらの世界に行ったら

確かめたいことのひとつは

地球で生きる時、

どうしてゴキブリと

向き合わなければならないか

その意味について。

 

 

 

 

ある意味共存はしているけど

積極的に共存したいとは

思わない。そんな存在は

どういう意味があって

共存する羽目になっているのか

知りたくて仕方がない。

-暮らし・生活
-, , ,

Copyright© Puriet Style , 2019 All Rights Reserved.