毎日は平凡なようで特別の連続☆彡ちいさな幸せをスクラップ ちりも積もれば幸せいっぱい

Puriet Style

健康・ダイエット

五十肩は自分で治せる!?

投稿日:

恐るべしセルフケア

腕の痛み、首の痛み、腰の痛み、

とにかく体のあちこちが同時に痛い

そんな中、行ったセルフケアで痛みから

瞬時(約10分)に解放された体験を

シェアします。

腕が上がらず、体が不自由に

去年の暮れから今年にかけて

少しずつ腕に痛みが走るようになりました。

最初は肘、肘の下、腕の付け根、腕の側面

気づくと首も痛いし

肩も痛い、いつもは自覚しない腰までも!

安静にしていても腕はズキズキ

寝返り打てず、トイレも大変、

洋服の脱着も厳しい

お風呂に入れば、両足吊りそうになるし

お風呂で両足吊ったらどうにもならない

吊る前に出なくては・・・

結局湯舟に使っただけで

顔も体も髪も洗えずじまい。

鍋が持てない、包丁も持てない

掃除なんて無理

日常生活がままならなくなり

体が不自由ってこういうこと・・・

愕然

 

運動しているのになぜ?五十肩を疑う

私は運動しているから

五十肩なんかにならないもん!

そう思っていました。

運動とはフラメンコ

腕は上げるし、肩は使うし

五十肩になんてなるわけがないと。

 

でも、腕が上がらなくなった・・・

これが五十肩か?

ズキズキする類の痛み

炎症系の痛みっぽい。

しかし本当にそれは五十肩なのか否か、

それを確かめるためにも

整形外科か五十肩専門外来を検討。

病院嫌いの私がそう思うまで

痛みに追い詰められておりました。

 

直接的な原因は・・・

直接的な原因は、

成人式の振袖着付けの練習でした。

といっても、毎日やったわけではありません。

むしろ痛くて毎日出来ませんでした。

しかし、それは単なるきっかけ。

痛みが出る前の生活を思い返すと

思い当たるのは、

 

✔ 座りっぱなし(PC作業、読書)

✔ 膝を組む

✔ 座骨は立てずに座ってる

✔ ストレッチやセルフメンテに割く時間が激減

これらの要素。

 

セルフメンテナンスをせず、

望ましくない姿勢の継続

 

これがそれほど祟るとは・・・

 

そんな積み重ねに加えて

ちょっといつもと違う動作を繰り返すなど

しただけで、痛みの頻度も強さも増して

行きました。

そこへ振袖の着付けは

極めつけだった!?

特に紐を結んだり、帯を結ぶ動作は

着崩れを防ぐため、筋肉を鍛えておくべき

必須な練習。

腕力だけは自信があった私が、

腕が使えなくなる??と危ぶまれるほどの

痛みに見舞われました。

 

その他、右脚を軸にした回転(ケブラータ)が

上手くいかないので、数分練習したのですが

翌日右腰脇が痛くなりました。

もう、練習すら出来ないわけ???

 

遂にフラメンコが出来なくなるのだろうか

今はアバニコ(扇子)を使う踊りに

取り組んでいます。

次回のレッスンは数日後。

アバニコは持てないかも

その前に、レッスン着に着替えが

出来ないかも、押し寄せる諸々の不安。

ブラソ(腕)を上げることも出来ず

腰から下しか動かせない。

レッスンに行くまでの間に

足がつらないか、ならば

オンラインに切り替えるか、

いろいろ思案しました。

 

行くしかないか、五十肩専門外来

ということで、私は五十肩だ!と決め込み

五十肩を調べていたら

五十肩専門外来の存在を知りました。

一口に五十肩と言っても、

筋肉が線維化するとか炎症を起こすとか

自分ではどうにもできそうにないことが

書かれている

とすれば、もう行くしかない・・・

 

その前に・・・訪ねるべきはセルフケアの専門家

しかし・・・新しいところに行くのは

いろいろと面倒。

本当にそこがイイかどうか

口コミだけではわかりません。

問診でいろいろ聞かれ、検査をした挙句

がっかりするのが整形外科(過去の体験)。

専門外来と言っても、行ったことがないので

やはり二の足を踏んでしまいます。

そこで、大事なことを思いつきました。

 

私を長年の整体通院から解放してくれた

セルフケアの専門の先生がいたではないかと!!

私は子供の頃から、ずっと接骨院、整体、

マッサージなどに通っていました。

行かないとすぐに痛くなるから。

それが、セルフケアの先生に出会い

自分の体は自分で治せる体験をし

整体にぱたりと行かなくなった。

それは私にとって奇跡。

 

 

そんな奇跡体験をしたけれど

やはり、それは幻想だったのだろうか・・・

こんなに痛みがあっては

また整体にお世話にならないとならないとは

なんと無念なこと!

一度訪ねたら、また通院が始まる。

 

それ、なんか違う、きっと

通院以外の方法があるはず!

 

そう思っていたら、

セルフケア専門の先生の顔が

ふと浮かんだのです。

そうだ、あの先生を訪ねてみよう!

 

私の判断は正しかった

結論から言って、私の判断は正しかった。

セルフケア専門の先生、松乃わなり先生に

オンラインで話し、状態を伝え指示通り

体の各所を動かし、先生が判断。

その後、先生の指示通りに指示通りの箇所を

ストレッチ

 

 

私の場合、右側に負荷がかかっていると

先生が判断。

右のハムストリングと股関節の

ストレッチを数秒繰り返しました。

 

 

するとあれ?

右腕が上がる!!

しかも痛みは8割減ってる。

あの何日もの痛みは何だったのでしょう。

 

攻めどころは痛いところでない場合が多い

脇のストレッチ、腕のもみほぐし、

私も自分なりにいろいろやってみていたのです。

しかし・・・

本当の原因は、痛いところではなく

別の場所にあることが多い、

ということは、知識として知っていました。

それがまさか、今回の場合に通じていたとは・・・

眠れないほどの腕の痛みの攻めどころが

股関節や足だったとは・・・

 

やはり体は繋がっているので、全体を把握しないと

いけないのだなというのがわかりました。

 

頼るべきは、松乃わなり先生

ありがとうございます。

アドバイス通り、もうしばらく

徹底的にあの個所を攻めてみます。

 

ということで、怪しい自己判断であった

五十肩、セルフケアで治せるのでは?

それが今現在の結論であり希望的観測です。

 

◆セルフケアで整体通院なし!◆

骨盤力スクール

 

◆松乃わなり先生の著書のご紹介◆

-健康・ダイエット
-, , , , ,

Copyright© Puriet Style , 2021 All Rights Reserved.