毎日は平凡なようで特別の連続☆彡ちいさな幸せをスクラップ ちりも積もれば幸せいっぱい

Puriet Style

学び

乳歯抜け、永久歯が生えてこないってどういうこと?

投稿日:

80歳の輝くマダムのお話を致しましょう。

 

 

 

ミルクも飲めないほと酷い喘息

呼吸自体が苦しそうで死んでしまうかも

 

 

 

あなたの目の前に、

自分から生まれて来た赤ちゃんが

そんな状態だったら、

どうしますか?

 

 

 

病院に走りますよね?

病院で

「気管支喘息」

と言われたら、

「治るんですか?」

と聞き

「薬を飲ませてみて下さい」

そういわれたら、処方箋もって

速攻薬局走りますよね。

飲ませて、呼吸が楽になったら

「ああ、良かった・・・」

って、安心しますよね。

 

 

 

 

 

そんな赤ちゃんを授かった

そのマダムは涙をこらえながら

言いました。

 

 

 

 

「私は、愚かでした」

 

 

 

 

 

???

 

 

 

 

 

気管支喘息の薬を飲み

すくすく育ち、

乳歯から永久歯に生え変わる

そんな年まで成長したマダムの

お嬢さま。生え変わる時期は

6~12歳と言われています。

マダムにとって、その子は

2人目だったので、

そろそろ歯が生え変わるかな、

という時期も

お分かりになっていました。

 

 

 

 

しかし、ここで問題が。

 

 

 

 

 

 

 

永久歯が生えてこない・・・

 

 

 

 

 

乳歯、抜けたのに、永久歯が

生えてこない・・・

やっと生えて来た!と思ったら

ちっちゃいちっちゃい永久歯は

溶けるように小さくなっていく・・・

 

 

 

 

「何これ、どういうこと?」

 

 

 

 

一人目を体験してるからこそ

心配になること、あるはずです。

普通に生えて来た歯が

何故この子に生えない??

 

 

 

 

 

病院に行きました。

そこで分かったことは、

赤ちゃんの時に投与した

あの気管支喘息の薬の

副作用によって、

永久歯が生えてこない

・・・のかもしれない

ということ。

 

 

 

 

 

その子の歯は

大学病院の研究対象にも

なったそうです。

 

 

 

 

乳歯が抜けても

その後一向に生えてこない

永久歯、

生えてきたと思ったら

小さくなっていく

 

 

 

 

歯がない小学生。

咀嚼によって脳が発達する

ところ、歯がないと咀嚼不可。

脳の発達を心配したマダムは

苦肉の策、入れ歯を作ります。

小学生から総入れ歯。

母親なら、泣きますよね。

 

 

 

 

「私は、苦しむ赤ちゃんに

薬を飲ませ、楽になった姿をみて

安心していた、実に愚かな母親でした」

 

 

 

涙をこらえながら語るマダム。

 

 

 

 

「取り返しのつかないことをしました」

それから彼女の健康への学びが始まります。

 

 

 

そのマダムをご紹介します。

 

 

 

「食と健康」を学び続け40年、

何も考えずに生きていたら

健康からは遠ざかる世の中

 

我が子をきっかけに

食と健康へ目覚め

「私の主治医は私自身」

を基本姿勢に、自立した健康管理と

実践方法を指導する

 

次世代環境健康学トランスレーター

福地レイ子先生

 

 

現在

船橋健康医学センター代表も

務められています。

 

 

 

 

レイ子先生は

ご自身のことを

「愚かだった」

と仰います。

しかし、赤ちゃんが目の前で

苦しむ最中、病院で処方された薬を

飲ませる以外にどんな選択肢が

あったのでしょうか?

薬を飲んで安心する母親の

どこか間違っていますか?

間違っていないと思います。

 

 

 

でも、そう思うのは、薬の副作用で

地獄を見たことがないから。

 

 

 

 

 

間違っていた!

愚かだった!

と心底思うのは

薬の副作用で地獄を見た人。

 

 

 

 

福地レイ子先生を招いて

講演会を開いたのは

私の尊敬するスーパーマザーL子

L子自身もまた、疾患を抱えた

赤ちゃんを産んだお母さんです。

もし、五体満足な子だったら

ここまで健康に関心を持たなかった、

でも、疾患を抱えて生まれて来た

子だったから、健康について

食について、考えるようになった

というのは、L子自身の言葉です。

 

 

 

 

 

 

やはり問題がないと

人は考えなくなります

何もないからラッキー!

確かにその場はラッキー。

でも、その後はどうなのでしょう。

知らないまま生きて

知らないまま大往生出来たら

最高にラッキー。

でも、大往生どころか

病気に苦しみ、医療費に苦しみ

介護に周りが苦しむのは、

大変です。

 

 

知らないって、

私はこういうことだと思います。

あともう少しで崖なのに

崖に気づかず、直進する車のような

ものかもしれません。

問題があるということは

その先が崖であることを

知らされること、

だから、

崖っぷちに突っ込まない方法を

必死に考えます。

 

 

問題があることをアンラッキー

問題がないことをラッキーと

言えるでしょうか。

何がラッキーで、

何がアンラッキーか

 

 

 

 

 

先日当ブログでシェアした

4本足の鶏のお話

4本足の鶏のお話②

は、この福地レイ子先生に

伺ったお話しでした。

 

 

 

 

 

自分が体験しなくても

人の痛い体験、地獄のような体験は

知ることが出来ます。

その人がシェアしてくれさえすれば。

でも、そういう体験をした方たちは、

強く望んでいます。

体験をシェアして、

知らないことを知らせて

1人でも多くの人の

役に立てればということを。

 

だから私は、その想いを

大切に受け止めたいなと

思いました。

 

 

自分が体験する代わりに

彼女たちがしてくれた体験を。

-学び
-, , , , , , ,

Copyright© Puriet Style , 2019 All Rights Reserved.