毎日は平凡なようで特別の連続☆彡ちいさな幸せをスクラップ ちりも積もれば幸せいっぱい

Puriet Style

健康・ダイエット

ダイエットの王道・原則~つまるところ単純な算数

更新日:

忘年会シーズン真っただ中

皆さま、【体重】お変わりありませんか?

 

 

 

もう、この人ったら全くぅ~

体重の話ばっかするんだから・・・

と思われることと存じます。

でも、意識しないと

あっというまに

どーんと!数字が跳ね上がるので

これくらいいつも話題にしていて

丁度いいのではないでしょうか(笑)

というか、自分のために

書いているというのも

大いにありますので

興味があるようでしたら

お付き合いくださいませ。

 

 

 

 

私は加齢による代謝率の低下

夜の外食回数増加

などなど複数の要因により

体重にお変わりがあります(笑)

 

 

 

 

やっと戻ったなあ~

と思ったら、夜の外食で

び~ん!!と数字が跳ね上がり現象

これがなかなか

長期化しています(笑)

 

 

 

 

でも、そんな時、決して

焦ったり心配してはなりません。

焦ったり心配すると

「次の食事は抜こう」

とか

「明日から断食」

とか、

出来ない決心を

繰り返しては失敗するからです。

 

 

 

 

 

無理な食事制限は

本当に意味がありません。

よく言われ過ぎて

スルーしがちですが、

これは、王道です。

 

 

 

 

どうせ一食二食制限したって

「少しだけ」「これだけ」

って欲に勝てないことが

大元の原因ですから、

そこにテコ入れしなければ

すべて元の木阿弥。

 

 

 

「これだけ」「少しだけ」

の大いなる積み重ねによって

体重増加に拍車がかかります。

「これだけ」とチョイスするものは

どうせ、野菜スティックなどではなく

小さな一口サイズのお菓子だったり

するのではありませんか?

 

 

 

 

焦ってる自分に気づいたら

大きく深呼吸して

ただ算数の足し算引き算を

すればいいのです。

 

 

 

 

摂取カロリー < 消費カロリー

摂取カロリー > 消費カロリー

か。

 

 

 

 

 

どんなに身体に良い

と言われている食べ物だって

摂りすぎれば過剰カロリー。

 

 

 

 

消費カロリー>摂取カロリー

 

 

 

 

この数式を食生活に適用

する以外、他に道はありません。

 

 

 

 

 

 

というのも、

昨日つくづくそう思うことがありまして。

そう、忘年会です!

出て来るお料理は、普段頻繁には

食卓に上がらない

良質のたんぱく源が沢山。

レバー、ひれ肉、貝柱、つみれなどなど

 

 

 

 

過去に、普段摂取しないたんぱく質系の

お料理をビュッフェで食べたら

翌日体重が減っていた!という

素晴らしい体験があったものですから

不足しているものを食べると

きっと痩せやすくなるに違いない!

と思って、加減しながらお食事を

頂いていたんですね。

そうしたら・・・・

 

 

 

翌日の体重は見事に⤴

 

 

 

思わず、食事を抜きたくなる

衝動にかられましたが、

食事を抜くことで血糖値は下がり

次に口に入れるものによっては

また血糖値が急上昇。

それが脂肪を溜め込みやすくなることは

いつかの記事に書いた通り。

 

 

 

 

 

そういう時は、

野菜をふんだんに使って

好みのサラダにし、

たんぱく質を1~2品

 

そんな日だけは糖質を

なるべくカット。

どうしても食べたければ

一日の総カロリーを1200kcal※くらいに

抑えるべく、今目の前の糖質が

何カロリーかあたりを付け

(今はネットで調べれば

すぐ出て来るので)

これを食べたら、後どれくらい

OKかを目算する・・・

という単純な算数をすれば

問題ありません。

 

 

 

※1200kcalは、あまり体を動かさないで

過ごす時の、基礎代謝カロリープラスα

な目安で使っています。

 

 

 

 

この算数を無視して、

希望的観測や

根拠のない楽観視で食べると

総摂取カロリーは

予定より

膨れ上がっていたりするもの。

 

 

 

 

 

ということで、

今日は朝から

単純な算数をしたおかげで

体重はお行儀よく

戻ってくれつつあります。

これをまかりまちがって

(朝から抜くわよ~)

ってなると、お腹が空いた時

耐えられなくなって、

小さいお菓子をつまみ

もう少し大丈夫かな

とまたひとつ、

またひとつ、

結果、糖質を沢山取る

みたいな悪循環になるんですね。

 

 

 

 

 

ということで、

ダイエットの王道・原則は

やはりやはりの算数、

摂取カロリー < 消費カロリー

でした。

-健康・ダイエット
-, , , , ,

Copyright© Puriet Style , 2019 All Rights Reserved.