わたしはわたしのピースを

LA PiEZA

フラメンコ

Copla体験

投稿日:2023年6月26日 更新日:

先日、Coplaなるものを体験しました

Copla=スペイン歌謡

 

フラメンコ、という音楽がもう少し

わかるようになるにはどうしたら

いいのだろうと、カンテ教室を

調べてみたり、いろいろリサーチ

していたのですが、どうもカンテを

習いに行くまでのモチベーションには

至らず。

というのも、追究したいわけでは

ないので、教室に行き始めても

また、バイレと同様、短期間で

辞めることになる気がしていたからです。

 

そんなある時、ちょっとした経緯にて

コプラのクラスがあることを知りました。

人を介して出なければ、行くことも

なかったコプラ。

 

日本に例えていえば、

津軽民謡は知らないけど、

演歌や歌謡曲は知っている、

その「演歌、歌謡曲」に

あたるのがコプラ。

 

フラメンコは知らないけど

コプラは知っている、

つまりコプラの方が広く知られている

もの、になるわけですね。

今回やってみた曲は

「Un Clavel」

Youtubeで探してみました。

昭和歌謡みたい!(笑)

そして、凄い迫力!!

 

でも、フラメンコを知らない

人からすれば、フラメンコだと

思うのでは?

 

歌といえば声帯、声帯も筋肉、

歌わなければ歌えなくなっていきます。

音域が狭くなり、声が出なくなり

以前はコントロールで来ていた音の

調整が効かなくなります。

 

昔、ほぼ四半世紀となりますが

教会なるものに行っていたので、

1時間以上×週2回くらいworship

を歌っていました。

ちなみに、黒人教会などは何時間でも

歌っているそうです。

牧師のメッセージがもうリズムなので、

信徒もそれに反応し、呼応し

礼拝が歌~worshipで充満して

エンドレスに・・・(笑)。

 

worshipとは平たく言えば讃美歌

 

それはそれとして、、、、

教会から足を洗ってから(笑)というもの

声帯を歌用に使う機会が減り、

声帯はすっかり退化してしまいました。

 

コプラをやってみるならと、

カラオケに行きましたが、

本当に声が・・・出ない~~!

でも、声が出ないなりに、

週1とはいわず、月1でも

歌えば歌う筋肉は活性化していくはず。

 

さて、一体いつまで続くか

わかりませんが、少なくとも

次のコプラレッスンは行く

予定です。

月1なので、次回まで

フル暗記出来たら良いなあ。

 

 

ということは、

継続的な資金繰りが必要。

ということで、

入門バレエ、またまた

休会します💦

-フラメンコ
-, ,

Copyright© LA PiEZA , 2023 All Rights Reserved.