毎日は平凡なようで特別の連続☆彡ちいさな幸せをスクラップ ちりも積もれば幸せいっぱい

Puriet Style

健康・ダイエット

知識や情報と食事は同じ

投稿日:

ダイエットネタは尽きることなく

知識情報が流れています。

しかし、肉体のダイエットと同じか

それ以上に、メンタルのダイエットも

必要だなと感じています。

メンタルのダイエット・・・

もう少し意味を絞ると、

自分が日々選ぶ「知識・情報」

の質や量を厳選すること。

 

 

 

大量に流れる情報の中で、

私も人々も、皆、自分に合った情報を

取りに行きます。

意識的であれ無意識的であれ

自分の周波数にあったチャンネルの

情報が飛び込んでくる。

飛び込んでくるようで、実は

ちゃんと自分で取りに行っています。

 

 

自分で取捨選択しているはずなのに、

中には「ああ、要らなかったな」※

と思う情報があるのも事実。

 

 

要らない情報を得たからと言って

別に太るわけでも便秘になるわけでも

ありませんが、思考や精神領域においては

肉体と同じように太り、不健康になるような

気がします。目に見えない分やっかいな

「ゴミ」「老廃物」。

「ゴミ」ということは、放置すると

腐敗するわけで、しかるべき「捨て場」に

持っていかねばなりません。

そんなことを日々意識的に行っているわけでは

ありませんが、「ゴミ」を放置すると

「もやもや」が増え、「活力」が失われます。

 

 

ゴミが増えると、その処理に時間とお金がかかる

のが一般的なごみ処理のシステムですが、

そこにかかるお金と時間を節約するにはやはり

ゴミとなる可能性のあるものを「入手しない」

こと。単純なことです。

しかし、そんな単純なことが意外と出来ない、

いえ、意識しないと出来ないのが常

なわけですが、

そんなことをまた改めて

考えておりました。

 

 

 

数ある情報の中から、

より良いもの、

「この情報は触れていると心地が良い」

「しっくりくる」

「爽快感を覚える」

「より自分らしさを感じられる」

類のものを見つけました。

 

 

より良い情報を得た時、

こんな感覚を覚えるのですが、

その他にもう一つの印があります。

それは、それ以前に得た情報について

「要らなかった」※と感じること。

あるいは、色あせて見えること。

 

 

過去に得た情報も、その時は必要!と

なにかしらの魅力を感じ得ているはず。

なのに、後から「要らなかった」と

感じるのはなぜか。

それは、更に魅力的に感じる情報に

出会ったからに他なりません。

 

 

 

情報は食事と同じです。

栄養不足になると

それを埋めようと脳から指令により

食欲が増します。しかし、必要な栄養を満たす

食物を知らないと、目の前にある

手っ取り早いだけのジャンクフードや駄菓子を

大量に食べる。

栄養を満たさない、カロリーだけがある食べ物。

食べれば食べるほど、血糖値の乱高下が起き、

また食べる、太る、老廃物が排出されない

不健康な体になっていく・・・

永遠に満たされないスパイラルにはまる。

しかし、必要な食物を摂取すると

満腹中枢は正常に機能し、不要なジャンクフードは

もういらなくなる。

 

 

高品質な食物を少量頂けばそれで充分。

心身ともに満たされ、生命が生き生きと

輝きだす。

 

 

それと同じよなうなことが

今、

情報や知識を「摂取」することに

おいても起きつつあるように感じています。

 

 

ジャンクフードを食べ続けている時、

私の中には、新しく何かを形にしようという

意欲がわきませんでした。

何かを形にする意義や意味が

見出せなかったからです。

 

 

知識・情報ダイエットは

内側から生きようと思える

活力になります。

 

 

ジャンクメディアを一切遮断し

自分が触れる情報を厳選すると

こんなに心地よくあれるものか・・・

 

人はパンだけで生きるのではなく、神の口から出る一つ一つのことばによる

 

と言ったキリストの言葉通りですね。

もっとも「神の口から出ることば」を

私は「真に今の自分に必要な情報」と

解釈していますが。

-健康・ダイエット
-, , ,

Copyright© Puriet Style , 2021 All Rights Reserved.