毎日は平凡なようで特別の連続☆彡ちいさな幸せをスクラップ ちりも積もれば幸せいっぱい

Puriet Style

Lifestyle

老後のライフプラン研修!

更新日:

先日、パパの会社の研修に

夫婦で参加してきました。

 

研修内容は、

老後のライフプランについて。

55歳を迎える社員向けの研修で、

研修曜日は月火という日程から選びます。

月・火と研修に出たら、

続く水~日と連続で

休暇を取れるという仕組み。

研修に出ない場合は

長期休暇はなし。

 

研修に続けて休むからこそ

貰える休暇。

しかも研修場所は、

海の見える贅沢なホテルで、

そのまま一泊!

妻には実に嬉しい

福利厚生システムなのですが

我が家の場合、まだ一人には出来ない

年齢の子供がいるので、

他のご夫婦のように

研修の足で旅行、とはいかず

まっすぐ帰宅。

 

 

 

それにしても、

今回の研修は非常に

有益な機会でした

定年から80歳までに使えるお金、

収支を具体的に試算してみるという

作業など、一人じゃ

絶対やらないことを

目の前に突きつけて貰えます。

 

 

 

 

今、日本は世界で第2位の長寿国。

そして、100歳以上の人は6.7万人。

パパが65歳を迎えるころ(だったかな???)

日本の100歳越えの人は100万人を超える

というのが綿密な分析によって割り出した

数字というので本当に驚きました。

そう、これから人生100年時代に

なって行く、というのです。

 

 

 

使えるお金は先細りなのに

寿命だけ延びていく・・・

健康で生きられるならまだしも

寝たきりで長生きは嫌だな・・・

いろいろ思うことは

あったのですが、

ひとつ家族にお願いしておこう

と心に決めたことがあります。

 

 

 

それは、65歳を超えて具合が悪く

なるようなことがあれば、

病院などあまりいかせず、

延命処置もなるべくしないように

ということ。

自然な死に向かうために。

 

 

 

これからの人生

細く長く生きるのではなく

太く短く生きたい!

 

 

 

といっても、食べたいものを食べ

不健康になって病院通い、

になるのではなく、

活動できる間は、最大限

「健康」に動きたいもの。

 

 

 

自分で食べられて(経口)

自分の足で歩ける。

これらが出来なくなったら、

もう無理に生かそうとしないで

もらいたい。

 

 

 

認知症や要介護になってまで

生きたくない。

だからそんなことが

考えられなくなる前に

エンディングノートに自らの

意思を書いておかなければ。

 

 

 

こんなことは

研修では一言も語られていないのに

私の頭の中では、そんなことばかりで

いっぱいになっていました。

 

 

研修は

✔ 老後をいかによりよく過ごすか

✔ それにはどうしたらいいか

 

に向き合えるためのもの。

 

私はそれの真逆を考えて

しまったようです。

「いかに老後を早く終わらせるか」

と。

 

 

 

 

寿命は自分で決められる

ものではありませんが、

○○歳までは活動的に生きたい、

そのために残された年数は

どれくらいで、その間

どう生きていこうか、

そんなことを具体的に考えるのが

むしろ楽しくて。

 

 

 

研修に参加した方々の、

お子様方はもう成人して

独立され、今は二人だけ、

という方が大半ななか、

私たちはこれから

養育費が増える一方の子供がいて、

老後のプランどころではありませんが

いったいいくら必要なんだろう

と漠然とした不安が少しでも

払拭できたのは良かったかなって

思います。

 

 

 

子育てや仕事など

「しなければならない」

ことがなくなり、

自由時間が圧倒的に増える老後。

 

 

 

時間は山ほどある、

でも体はあちこち痛くなり、

病院通い

支出のメインは通院費、

 

 

そういうシニアライフにするか

老衰で早く自然に逝くか、

選べるなら断然後者。

 

 

 

 

泊まりの研修は

上げ膳据え膳で大変嬉しい

時間を過ごせました。

研修講義中、何倍でも飲めるコーヒー

他、紅茶、ジュース♥

 

 

研修ルームから見える景色は、

まぶしい緑と

鮮やかな空の青。

 

 

研修一日目の夜は立食懇親会

 

研修2日目。快晴の海景色は最高

 

研修最後の食事は、和食。

朝食のビュッフェは、今まで泊まった

ホテルの中で一番品数が多く

ゴージャスでした。

凄すぎて写真を忘れたくらい(笑)。

 

うちは

旅行にはほとんど行かない

家族なので、この機会は

天からの贈り物に思えました。

 

 

 

あと15年、

元気に生きられれば十分です。

-Lifestyle
-, , , , , , , ,

Copyright© Puriet Style , 2019 All Rights Reserved.