健康・カラダ・ダイエット・食

これが自己注射🌸

投稿日:2022年8月22日 更新日:

糖尿病の方が自分でインシュリン注射を打つのだ

と耳にしていましたが、

「自分で注射ってどんな感じ(光景)なんだろう」

と思っていました。

 

糖尿ではなく、関節リウマチの注射を

自分で打つことになり、はじめて

段取りや様子がわかりました。

 

関節リウマチの生物学的製剤とは

何種類も存在していて、

その大半は自己注射タイプ

まれに点滴タイプを使います。

点滴を受けに行く手間がない

自己注射を選ぶ人が多く

わたしも自己注射を選びました。

月1回、2週間に1回、1週間に1回と、

打つ頻度も製剤によるのですが、

私に適用されたのは週1回タイプで

「エンブレル50mg」という製剤の

後続品「エタネルセプトBS50mg」。

エンブレル50mgは3割負担でも1本1万円、

後続品のエタネルセプトBS50mgはその半額。

週1回なので、月に4~5本打つことになります。

 

その注射がこちら。押し当てて打つペンタイプです。

じゃ~~ん、今月分です。こちらは生ものなので、

購入時は保冷バッグに入れて持ち帰り、

帰宅後は速攻冷蔵庫へ。

わたしは毎週月曜日が注射の日。蓋を外して

よ~~し、行くぞ====

DSC_0376

最初から最後まで針の先端は見えません。

恐怖心をいくばくかでも減らしてくれる

優しい構造。

 

打つ個所はお腹か太もも。

わたしは断然「腹」派

お腹の方が脂肪が豊富なので

痛みは少なかろうと。

 

今週は右側の腹、次の週は左側の腹と

左右交互に打ちます。

腹に注射を打っているところは、

皆様の目の毒になりますから、

写真は控えさせて頂きます(笑)。

 

消毒コットンで注射個所を拭き、

腹をつまんで、垂直に注射を当てます。

ペンタイプの注射器、

一気に腹に押し当てると針が肉に刺さり

そのまま10秒カウント。

カチッというまで押し続けます。

痛みがマックスの時は、

腹をつまむ左手首も痛く、

押し当てる方の右手首、右肩も痛く

注射自体が大変でした。

でも今はもう楽勝、と言えるほど

痛み激減。

 

自己注射開始から4ヶ月経ちますが

ようやく針が刺さっている時の

プチ痛い痛みに慣れてきました。

 

一度打った注射針の先端はペンを

押しても二度と出て来ない構造になっています。

DSC_0375

蓋は自宅で廃棄、本体は病院からもらった

専用の入れ物に入れて、次回の診察時に

渡します(自宅廃棄不可のため)。

DSC_0378

昨日、オープンクラスが終わって、

一緒に参加したお仲間と

しばしティータイムを過ごしたのですが、

リウマチの痛みが酷くて参加できなかった時を

知っている方だったので、

「痛みが治まってホント、良かったね」

と言って下さいました。

「なぜ治まったの?」と聞かれて、

ああ、そういえばこの生物学的製剤、

注射のお陰だわ・・・と改めて思い出しましてね。

良くなるとすぐに忘れちゃう自分のために

お注射へのありがとうを込めて、

スポットを当ててみた次第です。

 

このような生物学的製剤も数年前は

保険適用外で、もっと高額でありました。

それが近年、保険適用が認められ3割負担に。

もっと前だったらとても手が出ない価格。

20~30年前にリウマチになってしまった方は

良い薬もこの生物学的製剤もなかったので

骨の変形はすさまじく、本当に大変・・・

それに比べたら、私は・・・

 

今回は注射のお話でしたが、

その前からお世話になっている飲み薬、

メトトレキサートについても、いつか

その活躍ぶりにスポットを当てたいと

思います。

-健康・カラダ・ダイエット・食
-, , , , ,

Copyright© LA PiEZA , 2022 All Rights Reserved.