Puriet Style

暮らしを愉しみココロとカラダのキレイをめざす

夢がなくても大丈夫 思いもコロコロ変わって良い

time 2017/03/14

夢がなくても大丈夫 思いもコロコロ変わって良い

☆彡 毎日は平凡なようで特別の連続 彡☆

     暮らしを愉しみ

      ココロとカラダのキレイを目指す

☆彡 Puriet Style  彡☆

先日とってもとっても久々に

ママ友とランチをしました。

彼女は私が着付けを習う大きな

きっかけをくれた人で、

久々ランチも着物を着て

お出掛けしたのですが、

着物 お出かけ ランチ 夢 子供 卒業 将来の夢

それは、今回の話題と関係なくて

本題は、『子供の夢』について。

 

彼女の名前をマダムMにしておきましょう。

マダムMには、今年小学校を卒業する

6年生の娘さんがいます。

卒業に向けて、アルバムを作ったり

作文したり、何かと将来の「夢」について

書く機会がものすごく多いとのこと。

マダムM:私達の時って、そんなに将来の夢を

書くことってあったっけ?

 

「私達」って言ってくれてますが、8年も

若いのに、ひとくくりにしてくれて良いのか?

と戸惑いつつも、思い返してみれば

まあ、そこそこ書いたり表現することは

あっても、マダムMが頭を抱えるほど

ではなかったかな・・・。

「うちの子、前はやりたいことがあったのに

今、なくなっちゃったのよね。

卒業作文からアルバムから

2年前は1/2成人式なんかで、

夢夢夢夢って・・・

うちの○○ちゃん、

とくに書くことなくって。

皆さあ、

何になりたい、かにになりたいと

言えるのに、

うちの子、何もなくて

これで良いのかな・・・」

 

 

いつから始まったのでしょうか

1/2成人式とやら。

このところ小学校では10歳になる

4年生で1/2成人式というイベントを

する学校が増えています。

うちの子も4年生なので、

去年、1/2成人式を学校でやりました。

私も学校に足を運び、

子供たちの夢つづり

見て参りました。

Puriet Style 着物 ランチ 夢 子供 卒業 将来の夢

さて、話は変わって、

私はかつてウェディングプランナーを

していたことがあります。

そこで思ったこと、またお客様に

お伝えしていたことは、

「やりたいこと、気持ちは

コロコロ変わってよい」

ということ。

当日の式に支障がない

ぎりぎりのラインまで、

やりたいこと、選びたいことは、

とことん悩んでOK、

気持ちがあっちこっち行くのは

おおいにOK。

なぜなら、それが自分が望んでいる

ことを知ろうとしているプロセスであり

本当の望みを知る大切な機会だからです。

自分が望んでいる、と思っていたことに

向き合えば向き合うほど、

突き詰めれば突き詰めるほど

変わっていく、

それってとても良いこと、

むしろそれをとことんやっていただきたい

と思うんですね。

(時間がない中でやるのは

お二人にとっては結構

キツことですが・・・)

 

一生に何度も経験しないイベントです。

プランナーにとっては、日々の仕事、

何度もあること

しかし、お客様にとってははじめてか

はじめてに近いこと。

誰を呼ぶか、どこまで呼ぶか

どれくらいの規模にするか、

最初はとても悩みます。

それが決まれば、ドレスはレンタルが良いか

買うのが良いか、いやまてドレスではなく

和装が良いかなどなど、

そして、いろんなウェディングフェアなどに

行くと、あれもいい、これもいい

でも予算が、・・・など制限のある中での

チョイスに迫られ。

はっきりいって、面倒くさいし、大変です。

お客様にとっては。

 

一般的には最初から

全てが明確に決まっているお客様は

プランナーとして、

やりやすいというのはあるのかもしれませんが、

個人的には、そうではないお客様

つまり

式というものが、

漠然としている状態、

具体的イメージがまだない

お客様とのお付き合いは

オモシロいと感じておりました。

 

なぜなら、こだわりがないようで

出て来る様子を垣間見たり

本当はこういうことを望まれているんだ

と分かっていくのがとても

興味深かったからです。

それに、結婚生活は、

ファンタジーではなく現実そのもの。

ですから実務的で現実的なことを

頭を突き合わせて悩みあう

お二人を歩みを見ているのが

何にも増して喜ばしいことでした。

Puriet Style 着物 ランチ 夢 子供 卒業 将来の夢

そのプロセスの中、一度決めたことを

変えたいと思ったり、こうしたいと思うなど

気持ちがいろいろ変わることについて

私は大切にしたかった。

 

なぜなら、その人にとって

普段考えないようなことを

はじめて考える機会だからです。

そういう機会に、お相手の方と

もめたり喧嘩したりぶつかったり

(どれも一緒ですね)

するわけですが、それがまたイイ。

 

相手ともめるほど譲れないもの、

自分が本当に望んでいる

ことに出会うからです。

 

「悩む」という言葉は

仕事上、使わない方がよい

言葉なのかもしれませんが、

心の中では「とことん悩んでください!」

と悩むことを応援しておりました。

(もちろん、迷ったり悩みたい方に

対してです。丸投げ希望の方は別)

~~~~~~~~~~~~~~~

話を戻します。

そんなわけで、子供が将来やりたいことが

「今」ないのは、全然困ったことではないと

いうことが言いたかったのです。

少なくとも、マダムMの娘さんは、

ある音楽コンクールで全国優勝を果たす

ほどの活動をしていて、5-6年の2年間

放課後の毎日練習のあと、

週5回の習い事も頑張ってこなし

ある意味大人より忙しく、充実しまくりの

小学校生活を送った子。

 

目の前の取り組みに必死で、

しかも楽しく、厳しく、きっと彼女には

目の前の現実が充実していて楽しくて

それで満ち足りていたのではないかと

思ったのです。

 

早々夢が決まっていることも素晴らしい、

しかし、様々な経験を通して、

目の前の必要をこなしていったら

いつの間にかやりたいことを手にしていた

なんてこともあります。

夢を先に描いて追いかけていく場合と

現実に積み上げていったことが、

生きがいになっているという場合など

形は様々だと思うんですね。

 

なので、夢が今なくても全然OK、

今が幸せならそれが一番。

今はなくても、この先に夢が

浮かんでくるかもしれませんし

仮に今、夢があったとして

夢がコロコロ変わるのは全然OK

Puriet Style 着物 ランチ 夢 子供 卒業 将来の夢

でもきっと、現象としてはコロコロ

変わって見えますが、

そこに通っている共通項というものが

きっとあるはずです。

そしてその共通項には、

その人が本当に願っている

要素が隠されているのでしょうし、

それをまた自分自身で見つける、

ということが

大切なのかもしれません。

 

 

一番大切なことは、

自分自身が心の奥底で

本当に望んでいること、願っていることを

見つけてあげることだと思います。

それには人それぞれにかかる時間があり、

またそれぞれのプロセスがあります。

だからどうか焦らずに、焦らずに。

 

☆彡 Puriet Style  彡☆

投稿者プロフィール

SATOKO
SATOKO
Puriet Styleブログを運営しております。

Puriet~自分を整え建て上げていくこと
を想いながら、「今ここ」にある瞬間を
豊かにしていきたい、そんな願いを込めた
ブログ Puriet Style

日々の生活から感じたこと、感動したこと、
考えさせられたこと、驚いたこと、ふと思ったこと
などなど、綴ってまいりたいと思います。

http://light-reader.com/
http://gesouan.wixsite.com/kimono-gesouan
http://akutagawasatoko.com/

コメントを残す

スポンサーリンク

20170129001201