Puriet Style

暮らしを愉しみココロとカラダのキレイをめざす

日本人の英語学習は急がず母国語の土台を優先すべし!?

time 2016/12/15

日本人の英語学習は急がず母国語の土台を優先すべし!?

子供の習い事の中に、「英語」は珍しくなくなってきました。

事実、私の子供のお友達も、英語を習っているお友達が

沢山います。

日本語 母国語 英語 習得 子供 土台

しかし、我が家は

「まずは日本語の土台が出来てから」

という考え方です。

うちのパパは、言語学に興味があり

言語学を学べる大学に進みました。

おやじぎゃぐを

『教養ある高尚な言語活動』と誇り

おやじギャグを連発す日々です。

 

とまあ、いささか「コトバ」には

オタク気味マニアックなパパなのですが

そのパパは「急いで英語を習わせる必要ナシ!」

と言い切っています。

私もパパの意見に同意していますし、リスペクトしています。

日本語 母国語 英語 習得 子供 土台

先日、娘が通う塾の先生と面談をしてきました。

進路相談ではあったのですが、私がいろいろ

質問するものですから、あちこち話は飛びまくり

なぜか英語の話になりました。

先生からびっくりするお言葉が!

 

 

「中学生の英語では、発音記号を教えない」

 

「???(聞き間違えたか?)

先生、今なんとおっしゃいましたか?」

「発音記号を教えないんですよ」

「??どうやって発音を学ぶんですか?」

「カタカナです。カタカナがふってあるんです」

「ま~~~~じ~~~~~で~~~~!?」・・驚きその1 !!

 

「ある教科書は、Be動詞と一般動詞を

区別して教えないんですよ」

「結果に興味あります」

「その手の教科書を使ってる生徒の文章構築、めちゃくちゃです。

例えば I have a pen am. とか。一文に両方入っちゃったり」

「Be動詞と一般動詞を区別して教えない理由はなんなんでしょう」

「ネイティブはそんなこと区別して話さないから、というんですよ」

・・・驚きその2 !!

 

 

英語学習は学校の取り組みも早期になってきているし

軒並み英語教室も増えているにも関わらず、

なぜ日本人の英語力が未だ伸びないか・・・

その背後には様々な事情がありそうです。

日本語 母国語 英語 習得 子供 土台

いずれにしましても。

家庭の方針がはっきりしていて

良かったなあと痛感しました。

パパの方針がなければ、今頃

英語教室に行かせていたかもしれないから。

 

 

英語教室には行かせるな、

英語教室は必要ない、

そんなことを言いたいのではありません。

「うちは」行かせる必要がない、

という考え方を選んでいる、

と言うだけです。

それぞれの考え方があっていいわけなので。

 

 

ただ、私の場合は何となく周りが英語をやってるから

うちも行かせた方が良いかな、なんて流されがちな所

があるため、あってる間違ってる関係なく

方針がはっきりしている、というのは私にとって

ありがたい、という話でもあります。

 

 

 

塾の先生に聞いた話をパパに話したところ、

ラテン語圏の人が何か国語も話す、

ということと

ラテン語圏ではない別種の言語圏の人間の

英語習得方法は、違って当たり前

特に日本人は日本語の土台がなければ

どうにもならない。

日本語の土台がないところに、英語習得を

試みても、どちらも中途半端になる

というのがパパの持論です。

そして私もそう思います。

 

 

 

明治時代の人の方が、今の日本人より

はるかに英語が話せ、はるかに英語習得力があったし

今の人よりよっぽど話せるのは、

今とは比べ物にならないくらいの日本語力があったからだ

とも言っています。

日本語 母国語 英語 習得 子供 土台

私は言語学には詳しくないので分かりませんが

母国語での「思考」は、全てを左右する軸になる

というのは、確かなことだと「感じ」ます。

 

 

なぜなら、土台が大事であることはどんな世界でも共通だから。

母国語力のない外国語学習は

化粧水・乳液をぬらない直の肌に

ファンデーションを塗りこむようなもの。

基礎のないところに、家を建てる様なもの

 

ファンデーションの負荷で肌はぼろぼろ

うわものの重さで、家は倒壊しやすい

 

例えは少々極端かもしれませんが

土台やベースがないというのは

のちのち致命的な結果になることを

数多くみてきているので

そんなことから推測しても

母国語の重要さは察しがつくように思います。

 

 

思考力は言語力

ボキャ貧は思考の浅さ

伝達力も母国語力が土台

 

 

そんなことよりも、危機を覚えるのは

日本人同士でも日本語が通じないこと。

 

 

・・・母国語習得について

もっともっと重要視されても

いいのでは、と思うのでありました。

 

 

まずは同じ日本人同士、通じるように要努力★

投稿者プロフィール

SATOKO
SATOKO
Puriet Styleブログを運営しております。

Puriet~自分を整え建て上げていくこと
を想いながら、「今ここ」にある瞬間を
豊かにしていきたい、そんな願いを込めた
ブログ Puriet Style

日々の生活から感じたこと、感動したこと、
考えさせられたこと、驚いたこと、ふと思ったこと
などなど、綴ってまいりたいと思います。

http://light-reader.com/
http://gesouan.wixsite.com/kimono-gesouan

コメントを残す

スポンサーリンク

20170129001201