Puriet Style

暮らしを愉しみココロとカラダのキレイをめざす

チャーガ茶(カバノアタケ)の効果を最大限利用し尽くす飲み方

time 2017/02/06

チャーガ茶(カバノアタケ)の効果を最大限利用し尽くす飲み方

☆彡 毎日は平凡なようで特別の連続 彡☆

     暮らしを愉しみ

      ココロとカラダのキレイを目指す

☆彡 Puriet Style  彡☆

 

既に口コミでも大評判!でらうチャーガ茶、

Puriet Chaga Teaを入手された方へ

効果的な飲み方をお伝えしておきます。

 

せっかく手に入れたのですから、

チャーガ茶(カバノアタケ茶)を最大限に

利用し尽くして頂きたいのです。

 

ただいま花粉症対策の方向けに

お試し・モニターキャンペーンを実施中

詳細はコチラ ↓

http://blog.puriet.com/trytry/

 

 

お試しの方は3包と味見程度に

なってしまいますが、

モニターでお申し込みの方は10包

ありますので、1日最低1包を

最低10日続けることをお薦めします。

 

チャーガ茶の効果的な飲み方

 

◆お休み前に◆

Puriet Chaga Teaのティーバックを

水1.5~2リットル程度張ったお鍋

またはやかんに入れておきます。

常温のお水で抽出される成分も

あるので、暑い季節でなければ

水から入れて数時間置いておくのも

おススメです。

飲み方 チャーガ チャーガティー Puriet Chaga Tea 鍋 煎じる

ちなみにこの鍋は、チャーガティ専用に

なってしまいました。

煮出すとチャーガの色が付くので、

ひとつチャーガ用にしてしまっても

良いですし、普通に他のお料理と

併用でも問題ありません。

ただし

チャーガティを煎じるお鍋ややかんは

アルミ製鍋、鉄瓶は避け、ステンレス製、ホーロー製

耐熱ガラス製(あまりないでしょうか)、をお使いください。

 

さて、話を戻します。

チャーガ茶のティーバッグは

こんなふうに放り込んでおけば

火に掛けるまでのひと手間が省けます。

 

◆朝起きたら◆

起きたら火にかけ、強火で一気に沸騰させたら

弱火にしてから10~15分煎じます。

勿論夜のうちに煎じておいてティーバッグを

入れたまま一晩寝かせるのもありです。

 

◆起き抜け、空腹時の飲用がおススメ

チャーガ茶、特にPuriet Chaga Teaは

酵素処理をしているため

体内に吸収されやすい低分子の状態に

なっています。そのため、お食事と一緒に

摂るよりは、空腹時の方が断然吸収率が

高い!!

よって、起き抜けのチャーガ茶

1杯はとてもとてもおススメです。

1杯飲んでから、着替えやお支度をして

いる間の体内吸収を狙ってください。

 

15分も煎じるとある程度水分も

蒸発します。その後、水を加えて

飲みたい量に水増ししていただいても

良いですし、煮詰まった少量を一気に

飲むのもOKだと思います。

 

チャーガ茶は色が出るまで

成分が残っていますので

1度煮出して捨てるという

もったいなさすぎることは

Oh ! No ! Stop!!でございます。

煎じた後のティーバックは捨てずに

お料理などにお使いください。

使用例は本ブログカテゴリーの

「チャーガ」にいくつか載せています。

 

また、1回煎じたものと、

はじめて煎じるティーバッグと

合わせて煎じてもいいかもしれませんね。

 

◆お休み前の飲み方◆

私は腎臓機能が悪いので、

就寝前に1杯 チャーガ茶を

飲みます。

塩分高めの食事を摂った時など、

翌朝の排尿がイイ感じになります。

 

チャーガ茶は花粉症のみならず

いろいろな用途に使っていただけるので、

これから少しずつお伝えしていきたいと

思います。

 

それでは、取り急ぎこの辺で。

 

☆彡 Puriet Style  彡☆

投稿者プロフィール

SATOKO
SATOKO
Puriet Styleブログを運営しております。

Puriet~自分を整え建て上げていくこと
を想いながら、「今ここ」にある瞬間を
豊かにしていきたい、そんな願いを込めた
ブログ Puriet Style

日々の生活から感じたこと、感動したこと、
考えさせられたこと、驚いたこと、ふと思ったこと
などなど、綴ってまいりたいと思います。

http://light-reader.com/
http://gesouan.wixsite.com/kimono-gesouan
http://akutagawasatoko.com/

コメントを残す

スポンサーリンク

20170129001201