Puriet Style

暮らしを愉しみココロとカラダのキレイをめざす

産まれ方と今の性格が似すぎ~10歳でもまだ胎内のことを思いだせる!?

time 2017/01/09

産まれ方と今の性格が似すぎ~10歳でもまだ胎内のことを思いだせる!?

☆彡 毎日は平凡なようで特別の連続 彡☆

 『暮らし』の中のキレイを愉しみ

 ココロとカラダのキレイを目指す

☆彡Puriet Style 彡☆ 

 

お陰様で明日で娘が10歳を迎えます。

それに先立ち、家族が揃う休日に

誕生日ランチをしました。

 

ランチに出かける前、いつものことながら

「早く支度をして!」の連呼、

言う方も言われる方もやきもき

てんやわんやのお出掛け支度。

 

私はもともとペースが速く、

娘はもともとペースがスロウ。

わかっちゃいるけど、ついつい言ってしまう

「早くして!」。

別の言い方はないのかな、

この言葉は言わない方が良いんだろうな

と思いつつ、ついつい口から出てしまうセリフ。

 

朝から雰囲気が険悪ながら、

行きついたレストランでは

何ごともなかったかのように

優雅な一時が始まりました。

img_4558

幸いなことに、そこで撮影した

Facebook写真には皆様から

心温まるお祝いのコメントを頂きましたけど

写真に写る背景には、そんな

てんやわんやがありました。

 

ところで。

 

ランチの間、何かの話から

「ママのお腹にいた時の事覚えてる?」

みたいな話になりました。

大抵2歳くらいまでなら

記憶がある「こともある」

と聞いたことがありますが

10歳で記憶ってあるのか?

と思いつつ、モノは試し、話のネタ

で尋ねてみたのです。

 

ところで。

娘はクリスマス12/25が出産予定日でありました。

周りの先輩ママさんたちの多くは出産予定日「前」に

産んでいたもので、

私も出産予定日「後」になるとは

想定しておらず、きっと早く出てきてくれるかな

なんて、楽しみに待ち構えておりました。

しかし。

 

うちの子は、出産予定日「前」に

出て来る気配なく、

予定日12/25を迎えました。

 

12/25を過ぎれば、年末までに

産まれるかなあと思い、

年末過ぎれば、元旦出産かなと思い、

元旦過ぎれば、3が日に出て来るかな、

3が日過ぎれば・・・

助産院は予定日から2週間経過したら

そこではもう産めなくなってしまいます。

医療行為が必要になってくるからです。

それで、提携先の産婦人科に行ったのですが、

そこでも早めの出産を求められ、

もう少しだけ待ってくれる別の産婦人科の

門をたたき、16日目にしてようやく

出てきてくれることとなりました。

 

そんなことを振り返りながら ふと

「お腹の中の事覚えてる?」

と尋ねたところ、

「なんとなくだけど・・・

覚えている気がする」

(おお!そうなのか!?とパパと私は

耳ダンボ)

「みんなが早く出てきて欲しがってるのは

分かってたかもしれない。

けど、まだここに居たいな、

居ても良いかなぁと思ってたんだよね」

 

(ん・・・まるで今の話みたいだ)

 

「じゃあ、何で出ようと思ったの?」

「良く分からないけど、突然ドンと

押されて、気が付いたら出ていたの。

その後のことは覚えていないんだ」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この「ドンと押されて」というのは

ある意味あっていて、

促進剤を投与し、強制的に

「出された」ことを言っているようにも

思いました。

 

私は娘がお腹にいる時、

「もういいよ、早く出ておいで」

他の人も、そんな声掛けをしたものです。

 

私は助産院に通っていたので、

一日2万歩も3万歩も歩いたり、

妊娠中はカフェイン抜き、冷水は飲まず

レストランに行っても「白湯をお願いします」

食事も気を付けたし、やれる努力は

やりつくしておりました。

お正月元旦から3万歩あるいて、

産婦人科に行き、

鍼灸の先生からは

「今、潮が引いたから(あるいは満ちたから)

いらっしゃい。この波に乗るのよ!」

と連絡を貰っては、正月から

出産専門の鍼吸院にも足しげく

通いましたが、結局、私は波に乗れず・・・。

 

あの年は帰省もせず、人気少ない

元旦から歩きまくって(どちらかというと

彷徨ってる感じ)おりました。

 

モノの本では

「何日に出てきてねと話しかけると

ちゃんとその日に出てきてくれました」

みたいなことが書かれています。

そんな本も読んでいたので、

私は期待大にして、

「クリスマス、12/25に出てきてね、

待ってるよ~」と

声をかけていました。

 

しかし、本の通り、巷の噂通りには

いかないもの。

うんともすんとも言わない12/25

クリスマスに出てきてくれることを

期待して待っていたのに、

気配なし、まるでなし。

 

誰が何を言おうが、自分のペース。

「ここにずっといればいいや」

と思ったと証言する娘。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

いろんなママさんに出産劇を聞いたりしますが、

産まれ方と今の性格が酷似しているなあと

感じることが多すぎます。

 

 

生まれながらのマイペース。

今更ながら「早くして」と言っても

彼女の時間の流れ、時間軸は

変わりません。

改めて本人からの話を聞けた

誕生日前祝ランチ。

娘の性格も、思考も、あり方もすべて

宇宙から授かったもの、それを

変えようなどと思ってはいけないのだなあと

つくづく思わされるのでありました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

・・・とブログに書いているところを

娘に見つかり、

「読んで!」と言うので

読み上げました。読み終えた後、

パパが感慨深く

「あの時は、ほんと大変だったなあ」

 

出産だけでなく、その後も大変でしたから。

私は出産まで4つの産婦人科(助産院含む)を

体験しました。

出産後も、乳腺炎で約1年母乳ケア

クリニックに通うことになります。

背中から細かい針千本が駆け巡る

ような体験したことのない痛みに

見舞われ、多い時は週5回も

母乳ケア。

 

そんなことをすべて含めての、

「ほんと、大変だったよな~(お金も)」

というパパの発言。

ある意味、パパが一番大変だったかも(笑)。

 

「君がこの世に出て来るまで、

(そして出た後も)大変だったんだよ~」

と改めてパパが娘に。

まあ、そんなことを言われても

どうにもしようがない娘である

わけですが、返しの言葉が

彼女らしい

「別にいいじゃん・・・」

08020001

08020001

これがぞわが娘!!

娘らしくて、パパと二人で大笑い。

 

細かいことは気にしない、

自分でどうにもならないことも気にしない、

ケセラセラ、

それくらいで世の中ちょうどいいのかも。

 

まさに、私に必要な言葉。

彼女は宇宙から私に遣わされた

メッセンジャーなのかもしれません。

 

誰がどうだろうと、誰に何を言われようと

「別にいいじゃん」

 

☆彡 Puriet Style  彡☆

投稿者プロフィール

SATOKO
SATOKO
Puriet Styleブログを運営しております。

Puriet~自分を整え建て上げていくこと
を想いながら、「今ここ」にある瞬間を
豊かにしていきたい、そんな願いを込めた
ブログ Puriet Style

日々の生活から感じたこと、感動したこと、
考えさせられたこと、驚いたこと、ふと思ったこと
などなど、綴ってまいりたいと思います。

http://light-reader.com/
http://gesouan.wixsite.com/kimono-gesouan

コメントを残す

スポンサーリンク

20170129001201